伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [1592] rss feed
[2011.11.26]
■紙彫仏・木彫仏二人展in大町ミニギャラリー
和美工房さん内の大町ミニギャラリーにて仏像展が催されました 
 



紙彫仏は、切り絵の技法で仏像を表現するものでした 
 
 
木彫仏は竹澤恒利さん(伊達市在住)の作品 
 
 
左端のお方が竹澤さん 
 
 
紙彫仏は竹澤芳則さん(東京都町田市在住)の作品 
 
 
実物を拝見しない限り、立体感は伝わり難いと思いますので、ご勘弁ください 
 
 
大町ミニギャラリ−さんは本当にありがたいです 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場責任者の(S)です。 
空手修行と共に神仏(禅)の奥深さに惹かれて、生涯学んでゆこうと思っています。 
「野狐禅」はよく使われる言葉ですが、無門関第二則・百丈野狐からつけさせていただきました。 
 
野狐禅:禅を修業し、禅のさとりに達しないのに達したと思い込みうぬぼれること。なまぜん。 
 
百丈懐海(749〜814):中国南宗禅洪州宗の開祖・馬祖道一の法嗣。「一日作さざれば一日食らわず」はつとに知られている。 
ブログ検索