伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [925] rss feed
[2011.11.20]
■北斗文化学園 第18回学校祭 その2 2F編
続いて2Fは主に介護福祉学科のブースです  
 
 
 
「手浴でぽっかぽっか」ブース  
和風の飾りをしたお部屋で、アロマ入りのお湯でマッサージ  
 
 


 
 
高齢者擬似体験ブース  
様々な自助具が並ぶ  
曲がりスプーン(すくい易い)・すべり止めマット(お皿がすべらない)・ペットボトルふた開け etc・・・  
 
 
 
擬似体験スーツ  
重りが装着されていて着るとズッシリと重い  
また、関節の動きが制限されるようになっている  
さらに白内障を再現した特殊なゴーグルを掛け、音が聞き取り難いようにヘッドホンのようなものを着けて体験する  
そんなふうになるまで空手を続けていられるだろうか・・・  
 
 
「入浴実演」ブース  
時間が決まっていたので、実演は見られなかった  
あ、ある程度は服を着ていたようですからご心配なく  
 
 
今後も要介護者が増えることは間違いなく、いっそう介護師が必要とされるでしょう  
献身的な仕事でしょうから、もっと報われてもいいと思いますが・・・  
 
その3は3Fへ 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場責任者の(S)です。 
空手修行と共に神仏(禅)の奥深さに惹かれて、生涯学んでゆこうと思っています。 
「野狐禅」はよく使われる言葉ですが、無門関第二則・百丈野狐からつけさせていただきました。 
 
野狐禅:禅を修業し、禅のさとりに達しないのに達したと思い込みうぬぼれること。なまぜん。 
 
百丈懐海(749〜814):中国南宗禅洪州宗の開祖・馬祖道一の法嗣。「一日作さざれば一日食らわず」はつとに知られている。 
ブログ検索