伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [1209] rss feed
[2011.03.31]
■強さも優しさも女性にはかなわないんじゃないかと思っています
陸前高田に住む知り合いの菅野光子さんの消息が、震災後わからなくなっていた 
 
数日間、災害用伝言へかけてみたが音沙汰はなく、報道で惨状を見るにつれ「だめだったのか」とあきらめかけていた 
 
ところが昨日、やはり菅野さんの安否を探していた人から「菅野さん見つかった。無事だった」ときかされた 
 
ネットで生存者情報を検索していて、思わぬ形で行方がわかったそうだ 
 
 
以下はネットに掲載されていた中日新聞の記事をそのまま引用させていただきました 
 
 
 
 
 
迫る津波、車は定員オーバー 妻「私が残る」 
(2011年3月25日 中日新聞 朝刊) 
 
 
 津波はすぐそこまで来ていた。近所のお年寄りを乗せると車は定員オーバー、1人が降りなければならない。「私が残る」と家に残った妻は津波にのまれ、助けに向かった夫も津波に消えた。岩手県陸前高田市を襲った大津波は仲の良い家族と近所の人たちに「だれか1人が死ぬ覚悟を」と過酷な選択を迫った。 
 
 JR駅前で写真店を経営する菅野有恒さん(56)と太佳子さん(55)夫妻が、離れて独り暮らしをする母光子さん(87)を車で助けに来たのは、地震から十数分後のことだった。 
 
 「おふくろ、早くしろ」。急いで薬と保険証をリュックに入れ、家を出る。すると、近所の独り暮らしの女性ら3人が道路にいた。全部で6人。 
 
 小さなワゴン車に乗れるのは5人だけだ。顔を見合わせると、「私が残ります」。太佳子さんが申し出た。有恒さんもうなずいた。 
 
 「後ろの荷台に乗れるでしょ」。光子さんが叫んだが、太佳子さんは笑顔で首を振った。車は太佳子さんを残して急発進した。 
 
 避難所の入り口で降ろされた光子さんらは、ごう音とともに建物をなぎ倒す津波を見た。「おふくろを頼みます」。近くの人に言い残し、有恒さんの車が猛スピードで引き返し、津波の中へ突っ込んだ。「ああっ」。車が見えなくなってすぐ、波が街をのみ込んだ。 
 
 避難所では、有恒さんの車に助けられた女性たちと枕を並べる。「息子さん夫婦に命をいただいた」と涙ぐむ女性たちに気兼ねして、光子さんは「避難所では泣けません」と気丈に笑う。 
 
 でも、本当はつらくて、眠ることができない。息子は嫁を残したことを悔やんだに違いない。引き返す時「命が危ないのは分かっていた。でも、行くなとは言えなかった」。そっと避難所を抜け出しては近くの公園でお経を唱え、人目を忍んでおえつを漏らす。 
 
 23日の午後、小さな避難所の片隅で、光子さんが家族と写る年賀状をいとおしそうに見つめていた。アルバムはすべて流された。これが唯一残る家族の写真だ。来年はみんなで撮れないかもしれない。 (浅井俊典) 
 
 
(写真)家族で撮った写真で作った年賀状を見つめる菅野光子さん=23日、岩手県陸前高田市で 
 
----------------------------------- 
 
Q=自動車の定員オーバーの罰金はいくら 
 
A=「定員外乗車」なので、1点。普通車なら反則金6千円程度。(軽微な違反なので刑事処分の罰金ではなくて、反則金となります) 
 
*** 緊急避難の為、定員など気にしている場合じゃありません。 詰めれば、もっともっと乗れる筈です。 
 
近所の女性がドッカリ座って隙間がなかったのでしょうか? 順(尊)法意識と親切心の為に、肝心要の夫婦が命を落とすという悲しいできごととなりました。  
 



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:極真伊達道場(S)  2011.04.02 17:27:30
Solus様  
 
ありがとうございます  
 
明るく楽しい話題を提供してあげれれば良いのですが、今の私には現実を直視することしか出来得ません  
 
Solus様のように共感していただくだけでも、亡くなった方々は報われているのではないかと思っております 
名前:Solus  2011.04.02 16:41:28
 こういった悲しい出来事が、数限りなく起こってしまったのでしょうね。  
 
 
 いつか、復興したとしても、被災者の記憶からは消える事は無いのでしょうね。  
 
 
 心よりご冥福をお祈りいたします。  
 
 
  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場責任者の(S)です。 
空手修行と共に神仏(禅)の奥深さに惹かれて、生涯学んでゆこうと思っています。 
「野狐禅」はよく使われる言葉ですが、無門関第二則・百丈野狐からつけさせていただきました。 
 
野狐禅:禅を修業し、禅のさとりに達しないのに達したと思い込みうぬぼれること。なまぜん。 
 
百丈懐海(749〜814):中国南宗禅洪州宗の開祖・馬祖道一の法嗣。「一日作さざれば一日食らわず」はつとに知られている。 
ブログ検索