伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [1242] rss feed
[2010.10.28]
■第15回北海道交流試合
第15回北海道交流試合が函館で行われました 
 
あいにく学芸会等と重なっていて、3名の出場となりましたが、皆よく頑張りました 
 
試合レポートは、胆振支部HPをご覧いただくと良いと思います 
 



(左から南出龍河君、南出紫音さん、中学生の部3位入賞の伊藤滉一郎君) 
 
 
南出さんご一家は、5人のお子様たちが皆仲良く朗らかで、ここにも空手の成果が現れていました 
 
伊藤君は、学業と空手稽古を両立させよく頑張りました 
 
人一倍の努力が実っていると思います 
 
お父様の洋指導員とともに、胆振支部の「親子鷹」として今後も活躍してくれることでしょう 
 
 
閉会時に横山誠・函館支部長よりお話があった 
 
我々城西支部門下生は一度は聞かされていることと思いますが、「1番は何かと聞かれたら、答えられる人は多いが2番は何かと聞かれても、答えられる人はほとんどいない。目指すなら1番を目指すべき。」 
 
ということでした 
 
たとえ笑う人がいても、目標は高く持ちましょう 
 
そして、実行は堅実に、少しずつでもいいから継続しましょう 
 
最大にして最強の「自分」という敵に勝ちたいものです 
 
 
極真会館道場訓より 
 
一、吾々は質実剛健をもって克己(じこ)の精神を涵養すること 
 
(わたしたちは、自分自身を飾ることなく、まじめでひたむきに空手の修行に打ち込むことによって、自分自身に打ち克つ強い心を養っていくことを心がけなければならない) 
 
 
また、老婆心ながら他支部・道場の選手皆さんの成長ぶりや、素晴らしい気合の入った選手の出現など、とても頼もしく思えました 
 
 
 
 
試合後は、函館へ来たら定番となった焼肉屋さん「デジャン」で食事 
 
胆振支部ブログでも紹介されているが、見事なお肉が一人3,100円で食べ放題! 
 
(2名以上、90分) 
 
 
外食で焼肉を食べることは、空手の大会の時ぐらいしかない私だが、大満足で満喫させていただきました 
 
(実は私は、高校生になるまで肉はたべれなかった 
子供の頃、廃鶏を潰しているところを見てしまってから、あの断末魔の叫びが耳にこびりついてしまった) 
 
また、今回は柴森師範代はお仕事で来られなかったので、焼肉屋さんも少し助かったかもしれません(笑) 
 
 
    (S) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:(S)  2010.10.28 19:58:22
Daisukeさん、コメントありがとうございます。  
函館からの帰路、車中でDaisukeさんのことを澤田支部長にお話させていただきました。  
もし、お時間が取れたら帰りに寄らせていただければよかったですね。 
名前:Daisuke`s  2010.10.28 19:38:18
S さん へ  
 
大会お疲れさまでした♪  
 
デジャンさんいい雰囲気のお店ですね♪  
またお会いさせていただいて人生の勉強をさせて下さいね!!!  
 
宜しくご指導の程お願い致します!  
 
 

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場責任者の(S)です。 
空手修行と共に神仏(禅)の奥深さに惹かれて、生涯学んでゆこうと思っています。 
「野狐禅」はよく使われる言葉ですが、無門関第二則・百丈野狐からつけさせていただきました。 
 
野狐禅:禅を修業し、禅のさとりに達しないのに達したと思い込みうぬぼれること。なまぜん。 
 
百丈懐海(749〜814):中国南宗禅洪州宗の開祖・馬祖道一の法嗣。「一日作さざれば一日食らわず」はつとに知られている。 
ブログ検索