伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:1] [1353] rss feed
[2010.09.12]
■フランス人留学生たちのお寺参り in 大雄寺
室蘭市・北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校と学務提携を結ぶフランス・ニース国立ポール・オジェ観光調理専門学校の留学生6人と引率の先生方が、大雄寺を参拝し宝物殿や本堂拝観、坐禅体験をしました 
 
あいにく住職・副住職とも不在でしたが、職僧の三上和尚さんに案内していただきました 
 
また、今回同行しているフランス国営放送のニュース番組「アンヴォワイエ・スペシアール」も取材の予定でしたが、急遽変更となりました 
 
 
          (宝物殿にて刀や鎧兜他を興味深く見る  特に打ち首箱には皆驚いていた) 


不老閣の次は地階の坐禅堂へ 
 
       (最初に坐り方を一通り説明してもらう) 
 
 
 
       (対座と隣位へ合掌・礼拝して面壁へ) 
 
 
 
 
       (正身端坐してこの後警策をいただく   何事も経験が大事) 
 
 
 
 
      (本堂前で集合写真) 
 
 
10月3日までの研修滞在期間中、色々なことに触れて沢山学んでいってくれることでしょう 
 
  (S) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場
極真カラテ伊達道場責任者の(S)です。 
空手修行と共に神仏(禅)の奥深さに惹かれて、生涯学んでゆこうと思っています。 
「野狐禅」はよく使われる言葉ですが、無門関第二則・百丈野狐からつけさせていただきました。 
 
野狐禅:禅を修業し、禅のさとりに達しないのに達したと思い込みうぬぼれること。なまぜん。 
 
百丈懐海(749〜814):中国南宗禅洪州宗の開祖・馬祖道一の法嗣。「一日作さざれば一日食らわず」はつとに知られている。 
ブログ検索