伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:13] [ 30501 ] rss feed
[2011.10.25]
本日の練習曲 
  伊達市民音楽祭エントリー曲 
 
 『 みょうが 』 『 竹 』 
 
 
今日も含めて3回の練習になってしまいました。 
 
出来ないこと、注意されることはいつも同じようなことです。 
 
わかっていても出来なかったりで情けなくなります。 
 
そういう私たちに指揮者から「音を求める」というお話がありました。 
 
「出来なくても求める、求めることが近づくことになる」 
 
確かにそう。 
 
 
あきらめずに頑張らなきゃ。 
 
ふぁいと!(^o^)丿 
 
 
市民音楽祭の花音出演時間決定です! 
 
 
   11月13日(日) 
    
   会場・カルチャーセンター大ホール 
 
   入場料・300円(小学生以上)  
 
   出演時間・13番目、午前11時43分予定 
           (時間は前後することもあります) 
 
私たちが午前の部最後の演奏です。 
 
午後の部は13時から。 
 
昼休みのある音楽祭も珍しいですよね。 
10時から夕方5時ごろまでの長時間の演奏会ですから。 
 
 
 
今日はなかなか覚えられない『 竹 』の暗譜大作戦のため練習の録音をとりました。 
 
聞き流すだけで英語が話せます、みたいな聞き流すだけで『竹』が覚えられます。 
 
そうなるかな(^_-) 



[2011.10.18]
本日の練習曲 
 
伊達市民音楽祭エントリー曲 
 『 みょうが 』 『 竹 』 
 
こう書くと歌う曲順みたいですね(笑)さてどうかな?? 
 
ブログに写真が少ないというご意見がある?ので本日はちょこっとカメラ撮影してみました。 
 
練習の会場は【サポートセンターひまわり】という介護福祉施設の2Fです。 
 
まだ全員が揃う前にパチリ 
 
 
指揮者側から見るとこんな感じ↑ 
 
 
指揮者とピアニストが来る前に代表Eさんが発声練習をしてくださいます。 
写真の左側からアルト→メゾソプラノ→ソプラノと並んでいます。 
 
 
 
会場のピアノは音楽祭を前に調律したばかりです。 
 
私には違いは分かりません・・・・。 
 
 
さて、練習、練習。 
 
 
気づくと音楽祭まであと3回しか練習日ないよー(+_+) 
 
 
『みょうが』はみなさん暗譜完了ですね。エライ! 
 
『竹』はもうちょっとかしら、でもアルトさんは楽譜置いてるみたい。 
 
 
ひぇ〜〜、あせる^^; 
 
音は高いし、息継ぎは難しいし、強弱はつけなきゃならないし、暗譜だし・・・・・ 
 
 
だから面白いのかもしれない。 
 
 
 
好きなことしてる幸せな私たち。 
 
 
心合わせて頑張ろうね。 
[2011.10.11]
本日の練習曲 
  伊達市民音楽祭エントリー曲『みょうが』 『竹』 
 
市民音楽祭(11/13)まであと1ヶ月となりました。 
 
先週あたりから立って、暗譜している方は楽譜を持たずに歌っています。 
 
いよいよだなーって思う瞬間です。 
 
そしてはるか昔のことを思うのです。  
 
私が最初に合唱と出会ったのは出身地・道北の某市、小学校のクラブ活動でした。 
 
初めてのクラブ活動でなぜか『合唱クラブ』を選びました。(運動音痴でしたし・・) 
 
クラブ活動の日、教室に入ると先生に「ハイ、あなたはソプラノね」って何もわからないままソプラノの集団の中に入れられました。これは運命か?! 
 
そしてNHK全国学校合唱コンクール(?)に出ることに。 
   (地方予選で残念ながら予選落ち) 
 
歌ったのは当時の課題曲 『 空がこんなに青いとは 』 と ビゼーの 『 小さな木の実 』 の2曲です。 
 
子供の時のことですが今でもよく覚えています。 
 
2部合唱でしたが、きれいにハモレた時の感動、ステージに立った時のドキドキ、歌い終わった時の達成感。 
 
これはずっと幾つになっても変わらないですね。 
 
今でも歌ってこれている原動力になっていると思います。 
 
 
これからの人生に何が待っているかわかりませんが、できるだけ合唱を続けていきたいと願っています。 
 
一人ではなくて、みんなで作る合唱が大好きです。 
もちろん聴くのも大好き。 
 
 
じゃーーん!!! 
 
 
突然ですが、『女声コーラス花音』では一緒に歌う仲間を募集しています。 
 
市民合唱祭を是非聴いてください。(出演時間は決まりしだいお知らせします) 
 
このステージでは本格的な合唱曲を歌いますが、これが終わるとまたポップな曲を歌いますよーー。 
 
伊達市民音楽祭は11月13日(日)カルチャーセンター大ホールです。 
 
たくさんの方のご来場をお待ちしています。 
[2011.10.04]
本日の練習曲 『 みょうが 』 
 
ブログ管理人の私、不覚にも風邪をひいてしまいました。 
 
喉の調子が悪くて練習には行ったもののトホホ・・やっぱり高い音が出ません、しかも音程下がってますよ〜〜(-_-;) 
 
そういう時に限ってソプラノパートは私ひとりなんですね、見かねた指揮者がすぐさま一緒に歌ってくださいました。 
 
ソプラノ不在の間はアルトとメゾソプラノの練習になりました。ほっ(-"-) 
 
 
その後来てくれた、しなやかな歌声の代表Eさんが天使に見えましたよー。 
 
そして、何ということでしょう! 
 
私とEさんの服が同じ茶と白のチェック模様のブラウスとシャッワンピーではありませんか(@_@) 
しかもチェックの大きさまで同じ。 
 
そんなこともあるのですねー。まるで姉妹。 
 
えっ?どちらが姉か妹かって? 
 
それは ひ み つ(^_-) 
 
 
本日は伊達市民音楽祭に歌うもう1曲の歌詞をご紹介します。 
 
『竹』 作詞・星野富弘 
 
  竹が割れた 
  こらえにこらえて倒れた 
   
  しかし竹よその時おまえが 
  共に苦しむ仲間達の背の雪を 
  払い落しながら倒れていったのを 
  私は見ていたよ 
 
  ほら倒れているおまえの上に 
  あんなに沢山の仲間が 
  起き上っている 
 
 
 
合唱になるとフレーズの繰り返しがあってとってもドラマチックになっています。 
 
ピアノ伴奏も素敵なんですよ。 
 
『竹』は3月の震災と台風被害が続く日本人を勇気づけるような歌詞です。 
 
竹のようにしなやに、強く生きようと。 
 
 
 
立ち上がれ日本、がんばろう日本。 
 
早く風邪治せ私。 
[2011.09.27]
本日の練習曲 『みょうが』 『竹』 
 
以前から詩が素敵とブログに書いてきました。 
 
どんな詩かな・・・と気にしてくださっている方は必読。 
 
本日は詩を大公開(^o^)/ 
 
作詞・星野富弘 
 
『みょうが』 
 
    畑の草を一日中むしり 
    かいこに桑をくれ 
    夕方ひょいと出かけてみょうがを採り 
    それを売っては弁当のおかずを 
    買ってきてくれたっけね 
    いつもしょっぱい こぶの佃煮 
 
    花の咲いたやつは安くなるからと 
    花を抜いて 売ったこともあったよね 
 
    モンペと地下足袋(じかたび)の間は 
    蚊に刺されたあとがいっぱいだった  
    かあちゃん 
 
    みょうがを食うと 
    バカになるというけれど 
    おれは想いだすことばっかりです 
 
 
 
 
若くして体が不自由になってしまった星野さん、これまで育ててくれたお母さんへの感謝の気持ちがいっぱい詰まった詩です。 
 
想いが伝わる歌い方をしましょう・・・と指揮者から指導があったばかりです。 
 
 
市民音楽祭まであと練習は6回(+_+) 
 
どこまで表現できるかなぁー^_^; 
 
その前にこのガラガラ声を治さなきゃね。 
 
季節の変わり目ですから、みなさまご自愛くださいませ。 
[2011.09.20]
先日18、19日の両日、室蘭市で北海道合唱コンクール・中学高校の部が開催されました。 
 
2日間聴いて来ました。 
 
 
1日目、高等学校の部 
 
高校A (8名以上32人以下)に22校、高校B(33人以上)に2校のエントリーです。 
 
高校生は混声も同声も一緒に審査されるのですね。 
 
登別明日、立命館慶祥のような中高一貫の学校は高校の部にエントリーだそうです。高校生の中に中学生がいても素晴らしい演奏をしていました。すごいなー。 
 
混声の男声は若々しく凛々しくて本当にうっとりです。 
 
女声は透明感があって、しっとり大人の声。 
 
33人以上の合唱は本当に圧巻です。 
 
ステージいっぱいに84人が立った姿を見た時は息を飲みました。 
 
この学校は残念ながら代表には選ばれませんでした、生徒たちの涙・・・また次の学年に受け継がれて強くなっていくのでしょうね。 
 
2日目 中学混声の部に12校、同声の部に21校のエントリーです。 
 
まず私は中学生の女子ってこんなに大人の声なの?と驚きました。 
目を閉じて聴いたらたら絶対大人の女声コーラスです。 
 
私たちが歌ったことがある歌を澄んだ声で歌っています。 
別な歌のようだわー。素敵すぎる。 
 
 
中には無伴奏ですが、太鼓や指笛が入る曲を歌った学校がありました。 
先生がノリノリ指揮をして、生徒も楽しそうに太鼓のリズムで歌っています。とても楽しい演奏でした。 
演奏が終わったら拍手大喝采。 
 
 
 
代表に選ばれた学校はもちろんですが、選ばれなかった学校もこの日のために毎日毎日練習の日々だったのでしょうね。 
 
 
そんなことを思うと全部の学校に金賞を上げたいです。(審査の結果は金賞、銀賞、銅賞、奨励賞とあります) 
 
ゴールドラッシュでいいんでないかい。 
 
2日間一生懸命な若者の姿を見て気持ちがよかったし、元気をいっぱいもらった気がします。 
 
この学生さんたちがこれからの合唱界を支えていってくれるのねー、ちょっとオーバーですが・・・ 
 
でも大人になってもコーラス続けてほしいです。 
 
 
それにしても2日間どっぷりコーラスに浸って幸せでした。 
 
 
そうそう。今日の花音は・・・ 
 
ちゃんと練習しましたよ。 
 
でも、長くなったので今日はこのへんでね・・・・・ 
[2011.09.13]
今日、練習に行くとAさんから 
 
『ブログ始まりましたねー』 
 
おやおや、もしかしてワタシのブログ待ってた?? 
 
うれしいですね♪そのおことば。 
 
その期待に応えて今日も練習の様子などを・・・ 
 
 
本日の練習曲 『竹』 
 
 
練習の前に11月13日の市民音楽祭のエントリーに際して歌う曲順の話しになりました。 
 
2曲をちよっと比べてみましょうか・・・・ 
 
『みょうが』は、イントロが短くて、ラストはドカーンと大きく終わります。 
 
反対に『竹』は長いイントロで、ラストはシーンと消えるように静かです。 
 
テーマも私的なことと壮大な自然。 
 
とても極端な2曲。 
 
 
さて、どちらが先?後? 
 
その答え・・・ 
 
 
ここに書きたいところですが・・・これは実際に聴いてみなさんの耳で確かめていただきたいです。 
 
11月13日(日)カルチャーセンター大ホールで演奏します。 
 
演奏時間帯が決まりましたらお知らせします。 
 
 
先ほどテーマでちよっと触れましたが、『みょうが』も『竹』も詩が素敵です。 
 
 
『みょうが』は、お母さんとの思い出の詩。 
 
『竹』は、次々と再生する命の詩。 
 
 
その詩が伝わるように演奏したいです。 
 
秘策(?)は指揮者から伝授されました。 
 
あとは実行あるのみ。 
 
そして・・・ 
 
『 暗譜ですよ! 』 
 
本日、指揮者より指令がでました。 
 
うふふ、でもみなさんには想定内のことのようですよ〜〜。 
 
脳をフル回転させて暗譜に励みます。 
 
暗譜がいい演奏をするためには必要なことですからね。 
 
 
みなさーん。 
 
ふぁいとですよぉぉぉ!!! 
[2011.09.06]
長い夏休みが終わり練習は8月23日から始まりましたが、ブログは本日からです。 
またよろしくお願いしますm(__)m 
 
 
本日の練習曲 『 みょうが 』 
 
 
大雨で道路や川が気になる朝でしたが練習です。 
 
市民音楽祭が11月13日に決定、毎回が貴重な練習になります。 
 
 
 
先週見学に来てくださったOさん、即入会決定! 
今日は3歳の息子さんと一緒にいらっしゃいました。 
 
コーラスの練習会場に小さな子供がいるのは本当に久しぶりです。 
 
花音の前身は『 子連れコーラス・ピッピ 』 その名の通り、子供を連れてコーラスしてました。 
 
その時の子供たちはもう中学生、高校生です。 
 
私たちもそれなりに年齢を重ねているのですね・・ーってまだまだ若い気持ちの私たちです。 
 
練習の合間 「ママぁー」と子供のかわいい声に本当に癒されました。 
 
そして、小さな歌声が・・・・なにやら私たちの歌を聴いてて覚えたようです。 
 
子供はすぐ覚えちゃうのですね。 
 
日ごろからお母さんは歌っているのかもしれませんね。 
 
 
幼稚園がお休みの時にはまた連れてきてほしいです。 
 
おもちゃも用意してありますから。 
 
 
Oさんが花音を知ったのはお店に貼っていたポスターを見たからだそうです。 
 
春に「仲間を増やすぞー!」と作ったポスターです。 
 
うれしいですね。 
 
『ブログを見ましたぁ〜』と来てくださいる方が現れる日を楽しみにしています。 
その日まで頑張れワタシ(^^)v 
[2011.07.19]
本日の練習曲  
合唱組曲・花に寄せてより『 みょうが 』 
 
今日は1曲を小分けして少しづつ歌いました。 
 
メゾソプラノとアルトはパートの中で2パート(高い音と低い音)に分かれる部分があるのでその音確認など。 
 
パートでも少ない人数なのにさらに分かれるれるのは緊張しますね。 
 
頑張れーみんなぁ〜! 
 
今日の練習でこの曲の面白さが少し見えてきたように思います。 
 
歌詞だったり、強弱だったり、不協和音だったり。 
 
ラストの数小節は音が高いし、ロングトーン(長く音を伸ばすこと)がキツイですねー(>_<) 
 
でも、本来のテンポならあっという間かも(^_-) 
 
 
早く覚えて、いいテンポで歌いたいですねー。 
 
 
 
夏休みですっかり忘れてしまうことは間違いないでしょうが・・・(-_-;) 
 
 
そーでーす☆ 
 
花音もいよいよ夏休みぃぃ〜〜\(^o^)/ 
 
 
 
4月から【むしゃなび】に登録して、5月からブログ発信。 
 
毎週なんとか更新を続けることができました。 
 
つたない文章でお恥ずかしいかぎりですが、読んでくださるみな様に感謝です。 
 
少しの間このブログも夏休みにさせていただきますm(__)m 
 
次の練習は8月23日(火)です。 
 
北海道の短い夏を満喫したいですね。 
 
楽しい夏休みになりますことをお祈りしています。 
[2011.07.12]
蒸し暑い日が続きますね、みなさんお変わりないでしょうか? 
 
コーラス花音、今日も元気に集合しました。 
 
本日の練習曲 『 みょうが 』 
 
先週はリズム練習をしましたが、今日はパート別に音をつけてみました。 
 
いやー〜〜難しいです。 
 
何がって・・・ 
 
ソプラノはメゾソプラノとアルトとは別にどんどん先行して歌って行かなくてはならず、他のパートをうっかり聴いたりすると、ここはどこ?って感じになります。 
 
休符がたくさんあるのでつまづきそうになります。 
 
メゾソプラノ、アルトは♯♭など微妙な音がたくさんですね。 
 
まだまだ不安な状態での大冒険、指揮者のひと言『はい、合わせてみましょう』 
 
ええっ〜〜(>_<) 
 
最初から逃げ腰気味な私たちに指揮者は  
 
『大丈夫ちゃんと歌えるようになりますから!』 
 
ハイ。その言葉を励みに頑張ります。 
 
 
最初なのでゆっくり歌っていますが、実はこの歌テンポがめちゃめちゃ早いんです。大丈夫かしら・・・。 
 
 
歌詞を楽しむ余裕はまだありませんが、夕方、蚊にさされながら「みちょうが」を採ってくれたお母さんの想い出を歌っています。 
 
私は初めてこの歌を歌った時から、食べる「みょうが」が大好きになりました。 
 
でも歌詞には『みょうがを食うとバカになるというけれど・・・』ってあるのですよー 
 
これでバカになった時の言い訳ができました(^_-)-☆ 
プロフィール
女声コーラス・花音
女声コーラス・花音
伊達市内の女声コーラス。 
現在会員12名+指揮者+ピアニストで活動中。 
歌うことが好きな貴女一緒に歌いませんか。 
ブログ検索