伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [126] rss feed
[2020.06.02]
■自粛解除後の銀座から新橋へ   
 
女房が「今日は出掛けるの?」と私に聞く。 
「コロナに感染するといけないので、出掛けない方がいいんじゃない?」という感じが長年の付き合いで分る。 
 
でも「昼飯の面倒はかけたくない」という気持ちがあるので、それは言わないで、「大丈夫。コロナには十分に気を付けている」と言って出掛けて行く。 
 
     QBハウスは普段は5分くらいなのに、今は1時間30分待ち。 


この日から図書館が一部開館したとのお知らせを見たので、予約した本が準備されているかもしれないと思ったからだ。 
 
入口で女性の係員が待ち構えていて、手に消毒液を吹きかける。 
備え付けのカードリーダーでチェックしたら、予約しておいた本はまだ用意されていなかった。 
 
         和光裏の映画館「シネスイッチ」 
 
 
仕方ないので、裏道から銀座に向かう。 
昭和通りの角に「QBハウス」があった。しばらく床屋に行っていないし、QBハウスなら10分もあれば髪だけ切ってくれる。 
 
頭も洗わないし髭剃りもしないので接触時間が短いので、コロナの危険を避けられる。 
入口で係員に聞いた。「どのくらい待ちますか?」 
返事に驚いた。「今だと1時間30分くらいになります」。 
 
      1人がやっと通れる路地から見える「宝童稲荷神社」 
 
 
この日は東京都の自粛解除から2日目なので、ステイホームで髪が伸び放題だったオヤジ達がワーとやって来たのだろう。仕方ない、明日は行き付けの床屋に行こう。 
 
先に進むと「銀座ウィンズ」がある。 
週末だと、この辺りは競馬ファンで溢れ返り、急に品が悪くなる。 
ここもしばらくは閉館と書いてあったので、静かなものだ。 
 
トランプ大統領も大好きな「HOOTERS」は、椅子を外へ出してソーシャルディスタンス。 
 
 
銀座通りに出たら自粛解除にも関わらず、銀座通りを歩く人があまり増えていない。「裏通りはどうか?」と思い、そちらに廻る。 
 
こちらもコロナ前から見たら、驚くほど人通りが無い。 
私の贔屓の映画館の「シネスイッチ」前を通ったが、閉館中でひっそりとしている。 
 
       洋食屋なのに、メニューよりも「マスク販売中」 
 
 
裏通りを進んで、新橋方面に向かう。 
この道は小規模の飲食店が多くあるので、今回のコロナで相当に痛めつけられて廃業などしたかもしれないと思った。 
 
ところがドッコイ。銀座はなかなかシブトイ。 
店の前に貼り紙が出ていて、「当面の間、お休みします。再開した時にはよろしくお願いします」と出ているので、廃業は出ていないのだろう。 
 
    安売りチケット屋も新幹線の切符が売れず、閑散としている。 
 
 
新橋駅前に行くと、自粛前よりは多くのサラリーマンが歩いている。 
駅前のニュー新橋ビルの地下の食堂街に行ってみる。 
まだ多くの店が閉店中で、政府の急な前倒しの自粛解除発表で色々と準備が整わないのか、6月1日からの再開のようだ。 
 
或いは政府の「家賃の保証」が関係あるのかもしれない。 
新橋は「サラリーマンの聖地」と言われているので、間もなく以前の賑わいが戻るだろう。 
 
        夜が駄目なら「昼飲み歓迎」で、頑張る。 
 
 
(おまけの話) 
コロナ感染が怖いので、私は以前のような安い蕎麦屋などはしばらく遠慮している。 
ニュー新橋ビルの食堂街からそう遠くない場所に、中華料理の名店「新橋亭」がある。そこでランチをしようと思い、店に向かった。 
 
入口で消毒液を手に掛けて、係員がエレべーターまで私を案内して3階のボタンを押した。 
エレベーターを降りると、またそこには消毒液が置いてある。 
 
      「ニンニクの苗と牛肉の細切り炒め」(新橋亭) 
       デザートに「杏仁豆腐」が付いて1500円。  
 
 
食堂は広く、テーブルとテーブルの間も広く取ってあり、これなら安心である。ランチを食べてから駅前で都バスに乗り、銀座4丁目で降りた。 
 
そこから歩いて昭和通りを渡り、路地の「チョウシ屋」に行く。 
ここはコロッケの名店で、夕食に食べようと思い女房に電話してコロッケとメンチカツを買った。 
 
     レストランはどこでも入口でお客が自分で手を消毒する。 
 
 
いつものような行列が無く、店はひっそりとしていてオヤジはコロッケも揚げていない。コロッケの注文を言ったら、向こうから「今のところ12時から2時間だけの営業です」、「サラリーマンがリモートワークらしく、お昼にもあまり出て来ないのです」と言った。 
 
普段はサラリーマンやOLが、ここのコロッケパンを買うために行列している。リモートワークがコロッケ屋にまで影響しているとは思わなかった。 
 
    「チョウシ屋」 コロッケ(180円)、メンチカツ(190円) 
    
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん