伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [167] rss feed
[2020.05.26]
■懐かしい伊達市と壮瞥町の人々  
 
気温が高くなり梅雨が近付くと、伊達市のことを思い出す。 
以前なら、そろそろ伊達市に行く準備を始める頃だ。 
 
伊達市に持参するものを準備したり、カーフェリーの予約をする。 
トーヤレイクGCには、コテージ「桜の家」の予約をする。 
 
奥から2棟目が「桜の家」。芝生を刈って、手入れはしているようだ。 
5月17日に伊達市のHさんがわざわざ撮影に行ってくれた。 


以前のそんな当たり前のことをしなくなって、もう10年目の夏を迎える。「10年ひと昔」と言うが、「もう10年も経ってしまったかー」と感慨に耽る。 
 
するとあの頃に伊達市で知り合い、お世話になった人達の顔が目に浮かぶ。その中の1人である、長老のXさんのことが気になった。 
 
荒れ果てたトーヤレイクヒルGCの駐車場と、クラブハウス(5月17日)     (ゴルフをしないHさんが、私の為に撮影してくれた) 
 
 
そこでXさんの息子さんと交流がある、Hさんにメールで問い合わせてみた。するとしばらくしてから、Xさん本人から我が家に電話が掛かって来た。 
 
電話機の番号表示を見ると、「0142」と出ていたので、北海道からと分かった。受話器から聞こえて来た声は、紛れもなくXさんだった。 
 
       Sさんの畑に舞い降りた白鳥(Sさん提供) 
 
   
かなり前に体調を崩していると聞いていたので、受話器から聞こえる元気そうなXさんの声に私は安心した。それから長々と色々な話をした。 
 
Xさんは私よりかなり年長なので、年相応に体に不具合も起きているそうだ。私はそちらの様子を聞きたいのに、Xさんは夫婦で東京に来た時の話を懐かしそうに何度も話した。 
 
    ドローンで見た「北糖」の工場と内浦湾(Sさん提供)    
 
 
もう10年も前のことだろうと思うが、Xさん夫婦は私達の家を訪ねてくれた。私は2人の為に色々な企画を立てた。 
 
Xさんは食べ物のことを良く覚えていて、「新宿でご馳走になったカウンター式の天婦羅は、あんな美味しいものはなかった」、「銀座の鰻屋も美味しかった」と懐かしそうに話していた。 
 
     伊達市の市街地と内浦湾(Sさん提供) 
 
 
私が伊達市に滞在していて気が付いたことがあった。 
それは「天婦羅」と「うなぎ」の文化がお粗末だということだった。 
 
それでXさん夫婦に東京の美味しい「天婦羅」と、「うなぎ」を食べてもらいたかったのである。この2つが気に入ってくれて、今でも思い出しているとは嬉しいことだ。 
 
     伊達市街の向こうに駒ケ岳が見える(Sさん提供) 
 
 
また、「富士山の近くに連れて行ってもらったのも、とても嬉しかった」と言っていた。 
「富士は日本一の山」と言うが、見慣れた私には感激は無いが、富士山を見る機会の無い北海道の人には貴重な体験だったようだ。 
 
私達が伊達市でお世話になった9年間に比べれば、東京に来た時だけのXさんの御世話なんて大したことではない。 
Xさんの思い出に残ることが出来て、私は嬉しかった。 
 
      Sさんの農地から有珠山が見える(Sさん提供) 
 
 
(おまけの話) 
伊達市のHさんのお陰で、長老のXさんと電話で話が出来た。 
そのHさんが送ってくれたメールに、桜の花の終りを告げる伊達市の町の写真が添付されていた。東京の桜は4月初旬で終る。 
 
だから今頃の桜の写真は、東京の私にとっては、なんだか「伸びた蕎麦」みたいな感じがした。こんな時に「日本は南北に長いなー」と感じる。 
 
      道路に植えられた桜の花びらが散っている(Hさん提供) 
 
 
5月16日に壮瞥町の農園のIさんから電話があった。 
Iさんには、いつも「ブルーベリー」や「リンゴ」を注文している。 
 
彼の話では「壮瞥町ではコロナ感染者は出ていない。海外からの観光客が全く来ないので、経営的には厳しい。今年のイチゴはなんとか、送りと店売りで済んだ」と話していた。 
 
農家は台風、大雪、強風などで、いつも自然に虐められているのに、コロナにまで虐められいて全く気の毒である。 
 
   ずいぶん前に頂いた「Landec」のタオルをまだ使っている私。 
 
 
壮瞥町のHさんにメールを出したら、すぐに返信があった。 
「長年、女房が続けたお店を閉めた」と、書いてあった。 
そろそろ終活かな?と思った。 
 
彼は私より少し年長だが、相変わらず本格的な家庭菜園とゴルフはやっているようだ。壮瞥町に住んでいれば、あまりお金が掛からずに自然と遊ぶことが出来る。羨ましい老後生活である。 
 
 壮瞥町のメイン道路の写真(壮瞥町のHさん提供) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん