伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:2] [395] rss feed
[2020.04.03]
■新型コロナウィルス(10)・・・・正しい知識
 
マンションに住む私の友人が、武漢ウィルスに付いて詳しい情報を送ってくれた。この情報はアメリカのある大学の教授が書いた論文を翻訳し、その中から私達に必要な箇所だけ送信してくれたのである。 
 
(下記の文はあくまで友人からの翻訳情報なので、情報の精査は個人責任でお願いします) 
 
これを読んで、「目からウロコ」のところがあった。 
それは「ウィルスは生物ではなく、タンパク質分子」というところだった。 
 



〇ウィルスは生物ではなく、何層もの脂質(脂肪)でできた保護膜に覆われたにタンパク質分子(DNA)です。 
このウィルスが、眼・鼻または口の粘膜の細胞に付着すると、突然遺伝コードが変異し倍々方式で増え侵略します。 
 
〇ウィルスは生物ではなくタンパク質分子であるため殺すことはできませんが、自然に崩壊(減衰)します。ウィルスが崩壊する時間は温度、 
湿度、どこ(何)に付着したかにより違います。 
 
 
〇本来ウィルスはとても壊れやすいのですが、脂質でできた何層もの膜に覆われていることが問題で、この脂質の保護膜を取り除く必要が出て来ます。 
 
脂質の保護膜を破壊することができる石けんや洗浄剤は有効(泡立ててこすり破壊)な訳です。破壊するためには石けんをたっぷりと泡立てて20秒以上こする必要があります。 
 
保護膜を破壊することによりウィルス・タンパク質は自然に減衰し崩壊していきます。 
 
 
〇熱は脂質を溶かします・・・25度以上の水で手や衣服、その他を洗うことが有効な理由となります。 
さらに暖かい水は泡がより泡立つため、より有効となります。 
 
〇アルコールとアルコールを65%以上含むものは脂質を分解します・・・特にウィルスの外側のタンパク質の層を分解します。 
 
 
〇漂白剤(塩素)1対水5の割合でプロテイン(タンパク質)を破壊します・・・ウィルスの内側から崩壊させます。 
 
〇過酸化水素水は石けん、アルコール、塩素の効果を長持ちさせます・・・過酸化水素はウィルス・タンパク質を破壊します。 
 
しかし、純過酸化水素水を使用する必要があり、皮膚を傷つける可能性があることに注意が必要です。 
 
 
〇殺菌剤、抗生物質は役に立ちません・・・ウィルスはバクテリアなどの生物ではないので抗生物質で殺すことはできません。 
 
〇服やシーツ、布などを振ってはいけません(使用、未使用にかかわらず)・・・表面に張り付いた状態では不活性なので勝手に時間がたてば分解するからです。 
 
しかし、これを振ったりハタキを使用すると、最大3時間空気中にウィルスが浮遊し鼻などに付着してしまいます。 
 
 
*ウィルスの生存時間 
生地・・・3時間、銅と木・・・4時間、段ボール・・・24時間、 
金属・・・42時間、プラスチック・・・72時間。 
 
〇ウィルスは冷たい空気、寒い空間や家や車などエアコンがある場所では安定した状態で残存します。 
そこでウイルスの乾燥を妨げ,感染性を保持しやすいことになるため,湿度を上げ過ぎないことに留意する。 
 
 
 
(おまけの話) 
〇紫外線ライトや光線はウィルス・タンパク質を破壊します。たとえば使用済みのマスクの殺菌には紫外線ライト(UVlight)を使用すると完璧です。但し、肌のコラーゲン(これもプロテイン)も破壊するので注意して下さい。 
 
〇ウィルスは健康な肌を通り抜けることはできません。 
〇酢(酢酸)は脂質の保護膜を破壊できないので有効ではありません。 
 
大横川(門前仲町)の花筏(4月2日) 
 
 
〇より狭く限られたスペースではウィルスも集中しているかもしれません。広い場所で換気がよければウィルスも少なくなります。 
 
〇粘膜を触ったり、食べ物、鍵、ドアノブ、スイッチ、リモコン、携帯電話、時計、パソコン、机、テレビ、トイレなどを触る前にも、触った後にも手を洗わなければなりません。 
 
大横川(門前仲町)の花筏(4月2日) 
 
 
〇頻繁に手を洗うことになるのでての保湿をして下さい。乾燥により生じる肌の小さなひび割れにウィルスが隠れ潜む可能性がありますから、厚めにハンドクリームを塗るのがお薦めです。 
 
〇爪の中にウィルスが隠れるのを防ぐために、爪も短くしておきましょう。 
 
大横川(門前仲町)の花筏(4月2日) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:心の伊達市民第一号  2020.04.10 09:07:08
親しく信頼のおける友人からのメールだったので、良かれと思って受けた情報をそのまま掲載してしまったが、考えてみればたとえ信頼できる友人からの情報とはいえ、少し軽率だったかと思います。今後こうした情報は自分がしっかりと元情報を確認できたものを掲載することにします。ご了解下さい。 
名前:たか  2020.04.09 20:54:37
情報の発信元、正確性を確かめられたうえでの拡散だとは思いますが、発信された教授のお名前などが分かっていましたらお教えください。まさか匿名という訳ではないでしょうから、元の情報にはあったと思います。  
一部不正確(翻訳が不正確?)ではないかと疑われる内容がありましたので、確認したいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん