伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:3] [227] rss feed
[2020.03.27]
■東京オリンピックの迷走 
 
2020年の東京オリンピック開催が決まり、2012年8月21日に銀座通りでロンドン・オリンピックの日本人「入賞者のパレード」が行われた。 
私も早朝から場所取りの為に、銀座通りに行った覚えがある。 
 
あの銀座を埋め尽くした群衆の、2020東京オリンピックへの期待と興奮はなかなか経験は出来るものではなかった。 
 
日比谷公会堂入口に設置された五輪デザイン・マンホール。 


その後は順調に準備が進んで行くかと思ったら、なかなかそうはならなかった。小池都知事が豊洲市場への移転を前に、「安全だが安心ではない」と訳の分からないことを言って、都道2号線が完成しなかった。 
 
更に競技会場の選定で、他県まで巻き込み迷惑を掛けてしまった。 
お陰で築地市場の跡地はオリンピックの時のバスの駐車場になるようで、整地と工事が行なわれた。 
 
東京駅丸の内口に置かれた「オリンピック・カウントダウン時計。 
(3月26日はまだ停止されずに、カウントしていた) 
(オリンピックまで、120日9時間24分04秒) 
 
 
その後、間の悪いことに世界的に新コロナウィルスが拡散して、各国は入国禁止を打ち出し、オリンピックどころではなくなってしまった。 
 
それでもIOCもJOCも、「東京オリンピックは予定通り開催」と強弁し続けた。でも多くの人が「この状況だと、東京オリンピックの開催は無理だろう」と思っていた。 
 
オリンピックの選手村(2017年7月) 
 
 
それを誰が表立って言い出すかと思っていたら、外国の有名選手達だった。そして遂に3月24日にIOCは「東京オリンピックは新型コロナウィルスの影響で1年延期」と発表したのである。 
 
この影響は計り知れない。特に日本への影響は大きい。 
経済への影響は専門家に任すとして、私の周りの話である。 
 
オリンピックの選手村(2020年1月) 
 
 
先ず思い浮かぶのが、晴海に建設した選手村のことだ。 
ここはオリンピックの終了後に、部屋をリフォームして分譲販売することになっていた。 
 
選手村として使われた全ての部屋はオリンピック後にリフォームするので、2023年の引き渡しに向けて既に販売が行なわれている。 
引き渡し期日の約束は守られないが、不動産会社はこれをどうする? 
 
築地場内市場跡地(2019年4月) 
 
 
新しく作られた各種の競技場は、そのまま使えるから問題は無いと思う。築地の跡地の完成済みのバスの駐車場は、延期の期間はどうするのか? 
「2020」と年号が入った、大量の金銀銅メダルはどうするか? 
 
隅田川に架かる橋をオリンピックの為に五輪色に照らす工事も行われたが、それはどうする? 
オリンピックのマークの入ったグッズはどうする? 
オリンピック・チケットはどうする? 
 
築地場内市場跡地(2020年3月) 
 
 
お台場海浜公園に作られた巨大な五輪マークは撤去だろうか? 
更にお台場を初め、都内各地に設置されたオリンピック・デザインマンホールはどうする? 
 
色々な問題があると思っていたら、その後の情報では、来年の開催でも「2020」のままで行われるらしい。これは良かった。 
心配し過ぎても良いことは無い。 
ここは「万事塞翁が馬」と考えれば、来年は良い年になるだろう。 
 
オリンピック道路(都道2号線) 
 
 
(おまけの話) 
麻生大臣が言った。「札幌でウィンターオリンピックが開かれることになったのが1940年。それがパーになったんですな。そしてその次、いつなったかといえば、いつです?モスクワオリンピックですよね、あれは半分吹っ飛んだ」 
 
「今回40年経つと今年です。呪われたオリンピックって。マスコミの好きそうな言葉でしょう、これ。だけど現実はそうですよ。40年ごとに問題起きたんだから、事実でしょうが」。 
 
東京スカイツリーの頂上のサーチライトも五輪色に輝いていた。 
 
 
オリンピックのチケットの払い戻しは無いかもしれない。 
かなりの高額のチケットの上に、やっと抽選に当った人は考えようによっては「クジ運が悪い」ことになる。 
 
3月1日に行われた東京マラソンでも、出場権料は払い戻されなかった。これは規約に書いてあるからだ。 
東京オリンピックでも規約上は払い戻しは無いが、さてJOCはどうするのか? 
 
我が家の部屋からは、手前のマンションが邪魔して頂上しか見えない。 
 
 
私の周りだけでも相当な投資が行われたが、この多くが無駄になってしまった。東京オリンピック開催で値上がりを期待して、ベイエリアのマンション投資をした人達も相当な被害を受けているだろう。 
 
東京オリンピック延期で利益を得る人はいるだろうか? 
それは静かな環境が戻る私かもしれない。 
 

▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん