伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:5] [92] rss feed
[2019.12.02]
■格安熱海温泉慰安旅行
 
マンションの住民で割合いに親しくしている人にXさんという人がいる。 
彼は76歳で、昨年の春に風呂場の事故で奥さんを亡くした。 
 
その後、今年になり老衰で母を亡くした。 
そんなXさんを慰めようと、私より20歳も若いYさんと一緒に温泉旅行を企画した。 
 
熱海に向かう車中から。 


今回の温泉行きの企画は、現役サラリーマンのYさんにお任せした。 
旅の往復は彼の車で、ガソリン代などを割り勘で利用させてもらうことになった。 
 
そして彼が企画して私に知らせて来たのが、熱海の「四季倶楽部熱海望洋館」だった。初めて聞く名前の旅館なので、ネットで調べてみた。  
「熱海銀座」は小雨のせいか、お客がいない。 
 
 
すると説明文には「四季倶楽部の基本コンセプトは、優良な資産である企業保養所を幅広い方々にご利用いただき、その施設自体の運営損益を改善しようというものです」とあった。 
 
どうやらバブル崩壊後、大手企業が最初に経費削減に取り組んだ中で、企業所有の保養所を借り上げて、一般に貸し出す事業を行っている会社と分かった。 
 
「来宮神社」はお洒落で若者向きで、境内にカフェがある。 
 
 
Yさんからの連絡メールには1泊2食付き、1人9000円とあった。 
今どきはビジネスホテルでも食事が付かなくても9000円の時代に、2食も付くとは驚きで「大丈夫かな〜?」を通り越して、逆に興味が沸いた。 
 
しかし値段より問題なのは、今どき驚くことに2人は喫煙者なのである。 
 
「四季倶楽部熱海望洋館」の玄関で。 
 
 
午前中に一仕事終えて、Yさんは午後12時30分にシーマに乗ってやって来た。マンション前を出発し、首都高速、東名高速、厚木・小田原道路経由で熱海に着く。約2時間15分のドライブだった。 
 
チェックイン時間には早過ぎたので、来宮神社を参拝に行く。 
私は何回も熱海に行ったことがあるが、来宮神社には行ったことが無かった。 
 
3階から見る熱海の夜景。 
 
 
「四季倶楽部熱海望洋館」は熱海駅の山側にある。 
すれ違いも難しい細い道路をかなり登ったところに、その旅館はあった。 
 
チェックインしてみたら、意外と小奇麗で、見晴らしも良い。早速、温泉に行く。そして午後6時から食堂で夕食となったが、イタリア料理が出て来てビックリした。 
 
3人で温泉に入る(セルフタイマーで撮影) 
 
 
我々が行ったのは平日だったせいか、お客は我々を含めて7人だった。 
フロントで受付をしていた男が、夜はウェイターだった。 
どうやらこの旅館は、彼とコックの2名で超合理的に運営しているらしい。 
 
ウェイターに聞いたら、「私は韓国人で正社員です」と言っていた。 
今回の格安旅行で、私の知らない世界を垣間見た。 
 
夕食の「イタリアン・コース料理」 
 
 
(おまけの話) 
2日目の朝は午前6時に起きた。まだ2人が寝ているので、1人で温泉に行った。温泉から戻り2人を起こし、7時に朝食会場に行った。 
 
昨夜の夕食がイタリア料理だったから、朝食は当然のように洋食だと思った。ところが純粋な和食で驚いた。焼き海苔、納豆まで付いて来た。 
 
朝食は「純和風」。 
 
 
午前8時にホテルを出た。そしてYさんの御贔屓の「干物屋」に行く。 
買い物をする前に、干物の試食がある。 
 
店頭の七輪の上に、自分で冷蔵庫から出した小さく切ったアジの干物を乗せる。まだ開店間際だったので、七輪の中の練炭の火が弱く、なかなか焼けない。 
 
干物屋の店先で「アジ」を焼く。 
 
やっと焼けたので、それを食べた。そしてお土産に各自が干物を買う。 
その後は一直線に東京に戻る。東名高速は川崎ICを過ぎた辺りから混み出す。 
 
やっと月島まで着き、ガソリンスタンドでハイオクガソリンを満タンにする。そして旅館代、高速料金、ガソリン代を割り勘で清算する。 
2日間の温泉旅行で、1人分はたった1万3500円だった。 
 
「厚木〜小田原道路」で。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん