伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:3] [72] rss feed
[2019.11.28]
■同級生と歩く赤坂から神宮外苑 
 
11月26日は今季初めての寒さの上に、小雨模様だった。 
でも予定通り、中高時代の友人達と「都心を歩かない会」に行かなければならない。 
 
1年半くらい前までは「都心を歩く会」だったのに、「腰が痛い」とか「足が痛い」という人が増えて来て、仕方なく「都心を歩かない会」にするよりなかった。 
 
「やげんぼり」の店は黒塀でお洒落だ。(入口横にランチメニューがある) 


その前に前日のことだが、マンションの知り合いのXさん(84歳)にバスの中で会った。 
私  「いまは時間がありますか?」 
Xさん「暇ですよ」 
私  「では3階のカフェで、お茶でもしましょうか?」 
Xさん「うーん?、チョットなー」 
私  「私がご馳走します」 
 
「ぎおん やげんぼり」赤坂店。 
 
 
Xさんは本人が、誰にでも宣言している「ケチ男」である。 
そこで私の奢りでカフェに行った。その時に私はXさんの為に、いずれ必要となるだろう遺影になるような写真を撮ってあげた。 
 
そして翌日の朝にXさんに電話して、その写真を渡すために3階のロビーに来てもらったのである。Xさんは奥さんと一緒で、私達はソファに座り少し話をした。 
 
ランチ定食「八坂」(1200円) 
「出汁巻き玉子、赤だし、ジャコの小鉢、ご飯、漬物」 
 
 
話の途中でXさんの奥さんが私に聞いた。「すみません。お名前は?」。私は驚いたが、Xさんは親しい私の名前を忘れてしまい、奥さんに私の名前を言えなかったらしい。 
 
80歳を過ぎると、こんなにボケるのか?と、自分のこの先が心配になった。奥さんは写真の謝礼に缶ビールを3本持参していたが、私は「お酒は飲まないです」と断わって、バス停に向かった。 
 
赤坂見附の「豊川稲荷東京別院」。 
 
 
赤坂見附駅に集合した今日の「歩かない会」の参加者は、私を含めて5人だった。 
すぐに細い路地を入った、ランチ会場の「やげんぼり」に向かう。 
 
ここは私がネットで調べておいた店で、京都の有名な「おばんざい屋」の赤坂店である。ランチメニューから一番人気の「八坂・出汁巻き玉子」を注文する。予想通りに美味しかった。 
 
歩道に植えられたプラタナスの葉が紅葉していた。 
 
 
食後は今日のメインテーマである、「天皇陛下の祝賀パレード」の道順を辿る旅である。 
先ずは赤坂見附から近い場所にある「豊川稲荷」にお参りする。 
 
ここでYくんが「腰が痛い」と言って脱落し、タクシーで帰って行った。青山一丁目から神宮外苑に向かう。期待していた銀杏並木は、まだ少し早かったようだ。 
それでも大勢の観光客が来ていて、思い思いに写真を撮っている。 
 
道路はプラタナスの落ち葉で埋められていた。 
 
 
我々は絵画館横を通り、東京オリンピックの開会式が行われる予定の完成した「国立競技場」の写真を撮り、その後、JR信濃町駅に向かう。 
そして駅近くのカフェに入り、今日の反省と同級生達の消息を確認し合った。 
 
12歳から18歳までの思春期を一緒に過ごした仲間というのは、もしかしたら女房よりも私の秘密を知っているのかもしれない。 
 
青山通りから見た神宮外苑の銀杏並木。 
 
 
(おまけの話) 
11月後半から12月の初めにかけた時期になると、アチコチから「喪中につき」という葉書が届く。最近は自分が年をとったせいか、その枚数が増えたように感じる。 
 
Sさんは奥さんを亡くした。北海道で知り合ったAさんはご主人を亡くした。Oさんの母は105歳で天寿を全うした。Tさんはご主人を亡くした。 
 
「銀杏祭り」の期間は道路も閉鎖されて、歩行者天国になっている。 
 
 
亡くなってしまえば全てが終り、良い思い出だけが残る。ボケたことも忘れられて行く。 
 
今回の「歩かない会」では、「ボケたか?、大丈夫か?」という小さな事件があった。 
神宮外苑で銀杏並木を見た後に、S君は「足が痛いので、先に駅に行って待つ」と言った。そして信濃町駅方面に歩いて行ったのを見届けた。 
 
まだ道路に銀杏の葉が落ちていないので、少し早かった。 
 
 
我々は新国立競技場の写真を撮った後に信濃町駅に行ったら、S君の姿が見当たらない。携帯に電話をしても出ない。 
心配していたら、S君から電話があった。 
 
S君「いま東京体育館前にいる」。 
私 「そこは信濃町駅ではなく、千駄ヶ谷駅だよ」。 
・・・ということで、そこから彼に電車で1駅の信濃町駅まで来てもらい合流出来た。 
 
今回のことで、「年をとったら、クドイくらいに確認が必要」と知ったのである。 
 
最近になって完成した「新国立競技場」(東京オリンピックの時の開会式が行われる) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん