伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:4] [62] rss feed
[2019.09.11]
■米軍横田基地
(2017年9月20日)  
 
15日の夜に翌日の天気予報を調べていた。 
16日は「親鸞の日」なので、久し振りに築地本願寺の午前7時の読経に行こうと思ったからである。 
 
ネット情報によると、台風18号が日本列島を横断するという予報が出ていた。 
9月16日に九州に上陸し、17日に関東地方に来そうな感じがしている。 
 
日米友好祭(米軍横田基地) 


そんな時に「日米友好祭 2017 」というイベントが9月16日、17日の2日間に横田基地で開催されることが分かった。 
 
天気予報では16日の午前中は雨が降らないように思えたので、築地本願寺の後に「雨は降らない」と自分で決めて、思い切って横田まで行くことにした。 
 
米軍輸送機「ギャラクシー」 
 
 
午前9時過ぎに青梅線の牛浜駅で降りる。そこから歩いて10分で米軍基地の第5ゲートに着くはずが、見学希望者が多くゲートまで行列が続いていて30分も掛かった。 
 
入場に際しては運転免許証かパスポートの提示が義務付けられているのに、あまりの混雑のせいか手荷物検査だけでパスさせていた。 
 
無人偵察機「グローバル・ホーク」RQ-4 
 
 
私が急に横田基地に行こうと思い立ったのには、理由がある。 
最近の北朝鮮の過度の挑発により、米軍が北朝鮮を先制攻撃することもあり得ると思っているので、その緊張度合を米軍基地で実際に肌で感じてみようと思ったからだ。 
 
基地の中に入って、なんだか拍子抜けした。 
全く緊張感が無いのである。 
 
輸送機「AC-130J」 Ghostrider 
 
 
見学者が入れる場所は制限されていて、入れる場所は駐機場と滑走路に向かう進入路だけで、その広い空間に多くの飛行機が並べられている。 
希望者は機内に入れるが順番待ちの列が長く諦めた。 
 
広場の一角には多くの横田基地のお土産屋と食べ物屋が出ている。 
私も試しに本場のホットドックを買って食べたが美味しかった。 
でも値段はドルなら3ドル、円なら400円という現在の為替相場の2割高は納得できない。 
 
世界一の空軍力「U.S. AIR FORCE 」。 
 
 
今回、陳列されていた飛行機は、どうみても旧式の輸送機ばかりだ。 
亡くなった航空マニアのHくんがいたら、詳しく解説してもられるのに残念である。 
 
私の期待していたオスプレイ、最新戦闘機F-35、「死の白鳥」と言われている戦略爆撃機のB-1Bなどの展示は無かった。 
これはきっと軍事機密なのだろう。 
 
でも、米軍の主力空軍部隊は沖縄、岩国、三沢基地などに配備されているに違いない。 
 
大型輸送機「AC-130H」SPECTRE 
 
 
今回のイベントには日本の自衛隊も大いに協力しているようで、基地の片隅ではミサイルを撃ち落とすスカッドの展示や、戦闘服の試着・撮影のサービスも行っていた。 
 
また12時近くには輸送機の離陸実演と、パラシュート降下も見せていた。2時間半ほどの滞在で疲れ切って、出口に向かった。 
 
そこには相変わらず入場を待つ人達の行列があったが、もう荷物検査も止めていた。米軍基地もかなりいい加減だ。日米安保は大丈夫かなー? 
 
自衛隊が陳列していたスカッド・ミサイル。 
 
 
(おまけの話) 
米軍横田基地の向かい側に、私が大好きで学生時代から通うピザ店がある。この店は今までにもこのブログに時々、登場するピザハウスの「ニコラス」である。 
それが横田基地と私の最初の出会いだったが、基地の中には入れなかった。 
 
 
 
次に横田基地に関ったのは、仕事である。 
ある時、横田基地に私の会社が製造した組み立て式の整理棚の注文があった。 
 
その時は勇んで組み立て作業の為に基地内に出掛けた覚えがあり、それが私の米軍基地に入った初めての体験であった。それは私が30代の時で、ベトナム戦争の真っ最中であった。 
 
その頃に聞いた噂話だが、「ベトナムで戦死した兵士は飛行機で横田基地に運ばれて来る。 
彼らをアメリカに戻す前に死体の洗浄作業があり、アルバイトを募集している。日当は日本のアルバイトの10倍だ」と聞いたことがあった。 
 
自衛隊の輸送機が離陸して行く。 
 
 
それからしばらく縁が切れていたが、仕事関係の友人の紹介で米軍将校と知り合いになり、一緒に近くの米軍施設である多摩ヒルズ・ゴルフコースに行くようになった。 
 
その将校が帰国すると、日本に残る米兵を紹介してくれた。 
そして3人目に知り合い、今でもお付き合いをしているのが、現在はペンタゴンに勤務しているKさんである。 
 
Kさんは日本に家を持っていて、たまに日本にやって来るので、彼に会うのが楽しみである。 
 
 
 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん