伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [327] rss feed
[2019.01.07]
■寿司とタンメンで二度びっくり 
経済ニュースで回転すしチェーンの「スシロー」の業績が良いと知った。私は生魚があまり好きではないので、自分から寿司を食べることはあまりない。 
だからなおのこと、回転寿司店には忘れるほど長く入ったことが無い。 
でも参考の為とブログのネタを探しに、上野に行った時にスシローに行ってみた。 
 
右上のモニター画面にタッチして食べたい寿司を注文をする。 


なにしろ久しぶりなので、最近の回転すしのルールを知らない。 
2人用の席に案内されたら、目の前に液晶画面があった。 
この画面で寿司を注文するくらいは分かる。 
メニューから「イカ」を頼んだ。2貫で120円とは安過ぎである。 
 
目の前のレーンに寿司カードやワサビが流れて来る。 
 
 
注文のイカがなかなか来ないので、液晶画面で他のところをタッチして見て驚いた。 
「うどん」、「ラーメン」、「鶏のから揚げ」、「天ぷら」、「ポテトフライ」などおよそ寿司と合わないようなメニューが山ほどあった。 
デザートには「パフェ」、「コーヒー」、「ケーキ」などもあり、まるでデパートの子供食堂のようだ。 
 
上のレーンに自分が注文した寿司が来て止まる。 
 
 
目の前の回転レーンを見ていたら、寿司は殆ど流れて来ない。 
写真付きの寿司カードや、袋入りのワサビが流れて来る。 
事情が分からないので、液晶画面から係員ボタンを押して係員を呼んだ。 
 
係の女性の説明によると「レーンは2段になっていて、注文の寿司は上の段のレーンから運ばれて目の前で自分のレーンに落ちて来る」とのことだった。 
 
東京フォーラムの「J. Culture Fest 」の会場。 
 
 
更に「ワサビは食べられない人もいるので、ワサビ抜きの寿司がレーンに来る。レーンから袋入りのワサビを取っておき、それを自分で寿司に塗り込む」、「お茶は 目の前の入れ物から粉茶を取って、また目の前の蛇口からお湯を注ぐ」と教えられた。 
なんだか餌を食べさせられている家畜のような気分になった。 
 
実物大の牛車。 
 
 
自分のレーンに運ばれて来た寿司を見てビックリした。 
「寿司が小さい」、「機械で握っている」、「ネタは乗せただけ」、「酢飯が甘過ぎる」。どうやらこの店のターゲットは子供のようだ。 
でも、オヤジも大勢いたなー。 
 
元々、あまり好きではない寿司が、この経験で更に嫌いになってしまった。750円分だけ食べて、そそくさと店を出た。 
 
精巧に作られたミニチュア。 
 
 
(おまけの話) 
正月休みにXさんに誘われて、東京フォーラムで開催中の「J. Culture Fest.」を見に行った。 
このイベントは「平安王朝文化絵巻」を模型やミニチュアで展示して、見物客に平安時代を味わってもらおうというものである。 
金を掛けたなかなか良いイベントだった。 
 
光源氏の邸宅「六條院」。 
 
 
イベントの帰りに昼飯を食べようということになった。 
だが正月休みで開いている店はほとんど無く、チェーン店のラーメン屋に入った。2人とも「タンメン」を注文した。 
食べている途中でXさんは鼻水が出て、テーブル紙ナフキンで鼻を拭いた・・と私は思った。 
 
会場ではジオラマで平安絵巻が広がる。 
 
 
ところがそれを見て、私は驚き焦った。 
Xさんが使っているのは紙ナフキンではなく、隣の知らない人の勘定書きで、それで鼻を拭いていたのである。紙の硬さが違うだろーに! 
 
私は小さい声で「Xさん、それは違うよ!」と言ったら、彼も気が付いた。そしてXさんはその勘定書きを、当り前のように元の場所に戻したのである。 
 
関脇 逸ノ城による鏡開き。 
 
 
私はその後の展開がどうなるか?と、心配しながら横目で見てタンメンを食べていた。当然、隣の人は気付いていたと思う。 
それでも幸いにその人は大人しそうな若い男だったので、何も文句を言わなかった。 
 
そして先に席を立ち、Xさんが鼻を拭いた勘定書きを指先でつまんでキャッシャーのところに行き,勘定を済ませて店を出て行った。 
 
舞台では琴、尺八、鼓の演奏が無料で見られる。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん