伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [236] rss feed
[2019.01.04]
■今年は亥年  
正月になると年賀状が届く。 
最近は友人達も高齢化して来たので、年々、年賀状は減って来ている。 
年賀状の枚数が減っているので、この数年は「お年玉付き年賀はがき」で3等の「切手シート」すら当ったことが無い。 
 
上野・アメ横の「二木の菓子」の隣の「徳大寺」 


今年の干支は「亥年」である。 
そこで疑問が沸いて来た。そもそも干支とは何だろう? 
これを調べてみたら、やはり中国から来たもので、年、月、日、方角を表すために使われていた方法だそうだ。これに「十千(じっかん」という考え方を併せて「60」という周期で表すそうで、なかなか説明が難しい。 
 
徳大寺の「力の亥」は「気力」、「体力」、「財力」に恵まれるイノシシ像。 
 
 
猫好きの私は「なぜ干支に猫がいないのか?」と疑問に思って、これも調べた。すると驚いたことに、アジアでは猫もいると分かった。 
私の関係しているベトナムでも日本が「卯(ウサギ)」の年に、なんと猫なのであった。他にはチベット、タイ、ベラルーシも猫だった。 
 
イノシシの鼻を触る人が多いらしく、光っている。 
 
 
今年の干支の「亥」は「猪(いのしし)」であるが、猪は「猪突猛進」すると言われ、思慮に欠けていてあまり良い評価は無いように思う。 
株式市場では「辰巳天井、午(うま)尻下がり」と言われているが、「亥年」はどうか? 
この年は「亥固まる」、或いは「跳ねる」と言われ、上昇することが多かったようだ。 
 
「摩利支天」の提灯の向こうに深田恭子の巨大なポスターが。 
 
 
私が子供の頃に近所に住んでいたSさんという人は、小さな工場を経営していたが、趣味が狩猟だった。秋から冬にかけて、いつも自分が獲った鹿や猪の肉を持って遊びに来た。 
 
我が家ではその肉をすき焼き風にして食べていた。 
だが、肉の中に散弾銃の鉛の弾丸が入っていることが多く、食べる時に注意が必要だった。 
 
開運絵馬は500円。 
 
 
テレビで「上野アメ横の中にある徳大寺の本尊は摩利支天(まりしてん)」と伝えていた。 
好奇心旺盛な私はすぐに行ってみたが、このご本尊は非公開で見られなかった。 
 
摩利支天は女神で、神様の使いのイノシシの上に乗っている図が多い。 
徳大寺では非公開なので、その代りに境内には大きな石で出来たイノシシが鎮座していた。 
 
上野アメ横の商店は書き入れ時で大混雑(12月28日)  
 
 
暮れのアメ横は必ずテレビニュースで放映する。 
大混乱の中に、なぜ人々はアメ横に買い物に行くのだろう。 
ただ安いからだけでは説明が付かない。 
自分が行ってみて、その雑踏の中で気が付いたのは、「みんなと一緒に年の暮れを共有したい」というものではないかと感じた。 
 
道路は歩けないほどの人出であった。 
 
 
(おまけの話) 
「正月は何故めでたいのか?」という基本的な問いに答えられる人は少ないと思う。私も「何故めでたいか?」と聞かれたら、答えられない。 
「正月だから」としか言えない。 
 
その答えをネットの動画で見付けたのである。 
「虎ノ門ニュース」というネット番組に出演している評論家で、旧皇族の竹田家の子孫の竹田恒泰氏がその理由を解説していた。 
 
2019年の「お年玉年賀はがきは「亥マーク」だらけ(4ヶ所)。 
 
 
竹田氏の説明では「正月は別にめでたくない」のだそうだ。 
だから正月には運気を上げるために「おめでとう」と言い、また「おめでたい物」を食べたり、飾ったりするのだそうだ。 
正月3日間は縁起の悪いことをしたり、言ったりせず過ごし運気をあげるようにする。 
 
下の左端は「イノしシ」と書いてあり、全体で「亥」も表している。 
 
 
こうして家には門松を飾り年神さまを迎え、鏡餅を飾り年神さまに気持ち良く過ごしてもらう習慣が出来上がったのだそうだ。 
だから「おめでとう」と言うことで、お正月をおめでたくする必要がある。 
そして、その高い運気のエネルギーで1年間を過ごせば良いのだそうだ。 
分かったような、良く分からない説明だった。 
 
下の抽選番号の後ろのデザインは「イノシシの親子」。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん