伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [83] rss feed
[2018.12.25]
■サンタクロースが600人  
12月も残り少なくなり、なんとなくせわしなくなる。 
・・と言っても、私には特にやらなければならないことは無い。 
小金井で一戸建ての家に住んでいた時は大掃除と称して、庭の手入れ、窓ガラスの拭き掃除、不用品の始末など、色々とやることがあったが今は無くなった。 
 
丸の内・仲通り 


今は「庭は無い」、「窓ガラスは管理組合がやってくれる」、「保管場所が無いので、不用品は持っていない」というわけで、マンションでは大掃除はしないのである。 
世の中の人が忙しそうにしているのに、私が暇でダラッとしているのは申し訳ないような気持ちになって来る。 
 
丸の内の会社が合同で、12月21日に「サンタクロース・パレード」を行った。午後6時の開始に合わせて、集り出したサンタクロースたち。 
 
 
そこで、なにか暮れらしいことをしなければと思い、先ずは忘年会をやることにした。そうかといって仕事をしているわけではないので、仕事仲間もいないし忘れたいことも無い。 
 
仕方ないので、マンションのデジカメクラブのメンバーを誘って忘年会を企画した。現役の時はいくつかの忘年会に参加したが、今はこの一回だけである。 
 
丸の内のマスコット「マルケン」も参加。 
この日に参加したサンタクロースは、丸の内で働く600人の男女。 
 
 
忘年会は店がサラリーマン達の忘年会で混まない内にと思い、12月初旬と決定した。しかも酒を飲まない人が多いので、昼間の忘年会となった。 
場所は銀座に近い個室の天ぷら屋を、メンバーがこの店を見付けて来た。酒も飲まないと、ランチを食べると忘年会はお開きになってしまう。 
 
午後6時に「オー」の掛け声でパレードが始まった。 
 
 
正月までの残りの日の過ごし方を探していたら、丸の内で「Christmas Parade」というのを見付けた。この企画は丸の内にある会社の社員を対象に、「みんなでサンタクロースの恰好をして仲通りを練り歩こう」というもので、かなりバカバカしい。 
でも、もの好きな私は21日に、サンタクロースの団体の写真を撮りに出掛けて行った。 
 
ペンライトを振り回して、音楽に合わせて踊るサンタクロース。 
 
 
24日には「丸の内ひかりの円舞曲」という企画があり、東京駅の駅舎に光のラインを映し出すという企画があり、それも写真を撮りに行った。 
夜の東京駅はとても美しく、素晴らしい。私の好きな場所である。 
丸の内仲通りにはイルミネーションが輝き、多くの人達が夜の散策をしている。 
 
数寄屋橋のソニーパークで「HERMES(エルメス)」のイベント「JINGLE GAMES」。 
 
 
12日からは数寄屋橋のソニーパークでエルメスがイベントを企画していた。夜になるとエルメスの建物の壁にプロジェクション・マッピングが投影されて、ゲームが出来る。 
年をとると、暗くなって家を出るのが億劫になる。若い頃は暗くなると家を出たくなったのとは大違いだ。 
ボケ防止と健康の為に、今日も無理して出掛けている私だ。 
 
「エルメス」のビルに映し出されたロボット? 
 
 
(おまけの話) 
私にとって今年の大きな話題は、なんといっても「ブログの再開」である。5年8ヵ月もお休みしていたブログを、今年の9月8日に再開したのである。 
お休みの間もメール方式で、親しい友人達にはブログを届け続けていた。 
 
東京駅丸の内口の夜景 
 
 
「むしゃなび」への再開によって、友人達の中には『メールだと気楽に読めたが、「むしゃなび」だとわざわざ自分から接続しないといけないのが面倒だ』とお叱りの言葉もあった。 
彼らの気持ちも分かるが、私はベトナム人で日本語を勉強している人達に日本語、風景、習慣、考え方なども知って欲しいから公開したことも理解して欲しい。 
 
丸の内中央口の柱に投影されたプロジェクションマッピング 
 
 
来年はどんな年になるだろうか? 
現役の時にはあった「新年の抱負」も無いし、大きな計画も無い。 
リタイアというのは、こういうことである。現役の人も、いずれはリタイアする。 
今からその時のことを考えておくのも必要かもしれない。 
 
「やること」と言えば、新年早々には、今年中に終らなかった歯医者にも行かなければならないなー。 
 
マッピングのタイトルは「ひかりの円舞曲」 
(かなりのスピードで光の帯が舞う) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん