伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [62] rss feed
[2018.11.03]
■川俣温泉の旅(2)
宿の近くに間欠泉がある。 
歩いても15分くらいと聞き、朝食前に行ってみた。 
前夜の宿の主人の話で、「間欠泉は1時間に1度ほど吹き上げる。 
でもその時間もハッキリしない。もっと時間が掛かる時もある」と聞いていた。 
 
窓から見た明け方の空と松。 


現地でかなりの時間を待つ覚悟で、寒さ対策で厚着をして出掛けた。 
午前6時5分に現地に着いたら間欠泉の展望台があり、そこから見下すように出来ている。2ヶ所くらいから蒸気が上がっているのが見える。 
「あそこから吹き上げるんだな」と思い、カメラを構える。 
 
間欠泉だと勘違いしていた蒸気噴出口。 
 
 
いつ吹き上げるのか分からないので、油断が出来ない。 
20分も経った頃に地元のオヤジが散歩のついでに立ち寄って、私に話し掛けて来た。 
オヤジ「吹きあがったか?」 
私  「20分くらい待っているが、まだです」 
オヤジ「あなたの狙っているとこは違うよ。その隣のコンクリートの上の鉄格子の真ん中だよ」 
 
前触れも無く、突然、間欠泉が吹き上げた。 
 
 
私はてっきり蒸気の上がっている場所だと思っていたので、このオヤジの助言はありがたかった。 
オヤジは去って行ったが、まだまだ吹き上がらない。カメラの焦点を外してしまった時に吹き上がったら、今までなんの為に待ったのか分からない。寒いのを我慢しながら、ひたすら待つ。 
 
噴き出した蒸気は徐々に高く昇って行く。 
 
 
45分くらい経った時に急に蒸気が出て、一気に間欠泉が吹き上がった。カメラのシャッターを連写する。 画像を横から縦にする。 
高さが20メートル以上にもなった。固定焦点にセットしなかったことを悔やむ。 
5分くらいで間欠泉ショーは終った。でも、誰も見に来ていない。 
 
女夫渕までの道路はこんな感じ(バスから) 
 
 
旅館に戻り、朝食後にもう一度、帰り支度のスタイルで間欠泉に行く。 
間欠泉の吹き上げを見てから、バスで終点の女夫渕まで行く計画である。 
 
40分待ったが間欠泉は吹き上がらなかったので、仕方なくバスに乗った。終点の女夫渕は駐車場とトイレだけで、何もない。 
この先は一般車は通行止めである。 
 
女夫渕から奥鬼怒川へ向かう鉄橋。(一般車両は通行禁止) 
 
 
通行止めの道からマイクロバスがやって、気が付いたことがあった。 
マイクロバスは「八丁湯」と「加仁湯」の車だった。 
50年以上も前に、小学校の友人達と八丁湯に行って、3日間も麻雀をして過ごしたことがある。 
 
その頃は「ランプの宿」と言われていて電気も無く、歩いてしか行けない秘湯だった。 
日本中から秘湯が無くなり、温泉好きの私としては寂しい限りである。 
 
上流から流れる人口の滝。駐車場脇の紅葉林。 
 
 
(おまけの話) 
前夜は疲れていて、午後8時30分に寝てしまった。 
国民宿舎という宿は布団は自分で敷く方式なのであるが、それも億劫になるほど疲れていた。 
いつもの習慣で、6時間も寝ると目が覚めてしまう。 
そして午前3時に目が覚めた。 
 
渓山荘の露天風呂。 
 
 
こんな早くに起きてしまうと、家と違い全くやることが無いのが困る。 
仕方ないので、露天風呂に行く。 
節電の為に真っ暗で、通路も自分で電気を点ける。 
風呂場に行って電気を点け、その先の露天風呂への通路の電気を点ける。 
 
深夜2時に露天風呂に入った。 
 
 
山の夜は寒い。冷たい外気で、真っ暗の中で1人静かに露天風呂に浸かる。空を見上げたら、満天の星だった。 
温かい湯、冷たい外気、満天の星。こんな気持ちの良いことは無い。 
夕食は冷たくて不味い。夜具は煎餅布団。PCくらいの大きさのテレビ。 
これ等をみんなすっ飛ばすくらいの、上出来の宿だった。 
 
部屋の窓から貸し切り風呂の小屋が見える。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん