伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [649] rss feed
[2012.08.21]
■5分間の感動 
銀座の近くに住んでいると、銀座でなにかイベントがあると「行かなければ」と思うようになった。単なる野次馬根性丸出しの他にも理由がある。 
 
パレードの出発地点 (ホテル西洋銀座前から) 
 
その理由は、以前に住んでいた多摩地区の友人や、夏の間お世話になった北海道伊達市の友人から、『銀座の近くに住んでいるんだから、銀座でイベントのある時くらいは行ってよ。そして写真を送ってよ』と、言われているような気がしている。 
 
ボクシング金メダリスト(村田選手) 


8月20日朝のテレビニュースでも、『ロンドン・オリンピックのメダリストが、本日11時から銀座をパレードをする』と、何回も放送している。 
まだ8時前だというのに、銀座通りはかなりの人出で、場所取りをしている大勢の人達の様子が映し出された。 
 
ハンマー投げ銅メダリスト (室伏選手) 
 
私は慌てて家を出た。 
銀座に着いたのは8時15分だった。 
ところがビルの日陰になる場所は、どこも最前列は席取りされている。 
仕方ないので出発点に近い場所に移動する。 
 
水泳・競泳のメダリスト達 
 
やっと見付けた場所はビルの解体工事が終ったばかりで、日陰が無い。 
しかし最前列で写真を撮る必要から、そこで我慢する。 
警察車両から盛んに、『熱中症に注意して下さい、水分補給をして下さい』と、親切な放送が何回もある。 
 
男子体操メダリスト達 
 
2時間45分も待って、やっとパレードが始まった。 
先頭のオープンカーの人は誰だか知らない。日本オリンピック組織委員会の会長かもしれない。 
 
続いて、オリンピックでレスリング3連覇をした吉田選手と、やり投げで出場した選手会長の村上選手がオープンカーで続く。 
 
レスリングの吉田選手とやり投げの村上選手 
 
吉田選手はテレビで見るタイツ姿と違って、ブレザーコートを着たところは意外と美人である。 
 
その後はオープンカーのバスで次々と選手団がやって来る。 
選手たちはみな笑顔である。 
メダルを取った選手は胸にそのメダルを掛けている。 
 
重量挙げの三宅選手と、卓球の福原選手 
 
卓球の愛ちゃんも可愛い。フルーレの大田選手は満面の笑みだ。 
野獣で有名になった金メダリストの柔道の松本選手は、もう野獣顔をしていなかった。選手の顔を見る度に、彼らの試合風景が目に浮かぶ。 
 
フルーレの大田選手は元気いっぱい 
 
沿道からは『ありがとう』、『おめでとう』の大合唱が起きる。 
パレードの見物に来て、オリンピックに対する考えが変った。 
それまでは『東京オリンピックなんて招致しなくてもいいんじゃない』と冷めていたが、今日から変った。 
『東京オリンピックは招致すべきだ!』 
 
なでしこジャパンの澤選手 
 
2時間45分も炎天下で待って、私の前をたったの5分間でメダリスト達は通り過ぎて行った。バスの反対側の選手も見たかったので、パレードは出来たら往復にして欲しかった。 
それでも久し振りに、メダリストから感動をもらった。 
 
パレードは一丁目から八丁目に向かって去って行く 
 
(おまけの話) 
今回は「おまけの話」は無しです。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(3)
名前:shinji  2012.08.22 07:36:52
オリンピック放送は、アメリカではアメリカ人の活躍中心にテレビが報道するので、日本チームがどうなっているのかなんて、一向にわかりませんでした。また民放であるNBCの独占で、コマーシャルが3分ごとに入り、見るのが億劫になってしまいました。 さて、今年4月に日本に行った時、地震が起きたら東京はこうなるという、ショッキングなニュースがありました。  あれを見たとき、東京はオリンピックのホストになってはいけないと思いました。 地震対策がなくて、世界のお客さんを自信をもって迎えられないと、思うのですがーーー。 
名前:Chieko  2012.08.22 00:10:15
橋本さんパワーがありますね!!私も行ってみようと思いましたがテレビの報道をみて挫折しました。 
名前:Solus  2012.08.21 06:48:16
素晴らしい!  
炎天下、本当にご苦労様でした。  
日本は狭いので、2020年オリンピックは全国各地(札幌でも)で競技を開催出来たらなぁ、なんて、無理でしょうね。  
  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん