伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [743] rss feed
[2012.08.20]
■夏はアイス
夏になると冷たい物が食べたくなる。 
代表格のアイスクリームに始まり、氷あずき、アイスキャンディ、そして王様はソフトクリームである。 
 
昔の日本では、ソフトクリームが出始めた頃は、どういう理由か分からないが、日本蕎麦屋で売っていた。 
 
アイス・チョコバー 


私が1964年に世界博覧会の日本館で働く為にNYに行った時に、会場内のスイス館でバニラとチョコレートのミックスのソフトクリームに出会った。 
この時はビックリして、自宅に絵入りでそのソフトクリームの様子を知らせている。 
 
アイス・ミルクキャンデー 
 
その後、日本でも普通にソフトクリームが食べられるよになった。 
ソフトクリームの美味しさは、クリーミーがどうかで決まる。 
それには脂肪分がどのくらい入っているかが、決め手だと思う。 
 
有楽町駅前の「どさんこプラザ」 
 
有楽町駅前に「どさんこプラザ」という、北海道の物産を売っている店がある。 
その店で北海道のソフトクリームを売っている。 
バニラと夕張メロン味とミックスである。 
私はミックスを食べてみた。 380円はちょっと高い感じがする。 
 
ソフトクリームのメニュー (どさんこプラザ) 
 
ソフトクリームは後を引く。 食べた後のサッパリ感が無い。 
それに対して、アイスキャンデーはいい。 
安い上に爽やかさが残る。 
 
私の一番好きなのは、「小倉アイス」である。 
甘味処で食べられるのだが、最近は扱っている店が少なくなった。 
それをキャンデーにした「小倉アイスキャンデー」は非常に日本的で、これを発明した人は偉い。 
 
私の好きな小倉アイスキャンデー 
 
2番目に好きなのは、「ガリガリくん」である。 
安い上に、なんとも歯応えが良い。 これを食べると、夏を感じる。 
これはアイスキャンデーの中の傑作だと思う。 
 
アイスキャンデーの傑作「ガリガリ君」 
 
(おまけの話) 
ソフトクリームと言えば、私は「牧家」である。 
この読み方は北海道の人は分かるが、それ以外の人は分からない。 
「ぼっか」と読むのである。 
 
このソフトクリームが私は大好きで、夏の間に伊達市滞在中は何度となく食べた。 クリーミーで、実に美味しい。 
しかも驚くのは、その値段である。なんと200円だった。 
 
牧家のソフトクリーム 
 
昨年の夏にいつもの売り場に行ったら、販売スタンドは閉まっていて、中のレストランでしか食べられないように変ってしまっていた。 
しかも値段は250円に値上がりしていた。 
 
たった50円の値上りだが、なんだかガッカリしてしまった。 
あの販売スタンドで買って、それを持って店の外のベンチに座って食べるのが私の好みだった。 
 
アイス・フルーツキャンデー 
 
古き良き物が失われて行く寂しさを、ソフトクリームを通して感じたのである。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん