伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:2] [1005] rss feed
[2010.09.13]
■死なない病気
東京から女房の友人3人がやって来た。 
今年で連続7年目であるから、「よくまー飽きずに来てくれるなー」と感心している。 
勝手に伊達市を代表して、感謝の言葉を伝えておいた。 
 
留守番の彼女達の亭主はどうしているんだろう? 
食事は?、洗濯は?、掃除は?・・・と心配だ。 
私はその全てを自分で出来るからいいが、彼女達の亭主はどうだろうか? 
 
立香山の頂上から洞爺湖を見る 


なにしろ彼女達は元気だ。 
とっくに還暦は過ぎている。 
食後になにやら薬は飲むが、元気溌剌である。 
 
朝からゴルフをして、午後から観光に行き、夜は町で食事をした後にも予定がびっしりだ。 
ある日は山の上に夕陽を見に行き、ある日は錦町の「田舎っぺ」で歌い、ある日は洞爺湖に花火を見に行く。 
 
ゴルフをする 
 
その中の1人は、昨年の滞在中に伊達CCでホールインワンまでやってしまうスーパーウーマンである。 
 
ところで、ある週刊誌に面白い話が出ていた。 
88歳になる作家の瀬戸内寂聴さんが言っていた。 
『わたし最近、病気らしい。どこも悪くないし、元気なのだが・・・』 
 
彼女の自己診断による病名が可笑しい。 
『死なない病気になってしまったらしい』と、言う。 
 
壮瞥滝を見る 
 
この話は今の日本をよく表している。 
なにしろ役所が調べてみたら、200歳なんていう人がゴロゴロしている世の中になっているんだから・・・。 
 
(おまけの話) 
私は最近、『死に時』に付いて考えることが多くなった。 
今のままで行けば、多分、事故ではなく、病死だろうと思う。でも、「老衰」というのも嫌だしなー。 
 
イコロ農園の田圃を見る 
 
オヤジは56歳で早々と亡くなった。 
オフクロは86歳でやっとお迎えが来た。 
両親とも、割合にあっけなく逝ってしまった。 
 
オヤジの両親はどちらも90歳を越えてから、お迎えが来た。オフクロの両親は、どちらも50歳まで頑張れなかった。 
 
洞爺湖で花火を見る 
 
そうなると、私はどうなるんだろう? 
「あと2〜3年でいい」と思うこともあるし、「平均年齢までは生きたいなー」と思う時もある。 
 
「50にして迷わず」と昔の人は言ったが、私は70近くになっても、まだ迷っている。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん