伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2019.02.13]
2月11日に平成最後の「建国記念の日」がやって来た。 
テレビなどで色々な行事などが「平成最後・・・・」と言われると、焦るから不思議だ。 
次の年号はまだ分からないが、昭和、平成、そして次の年号と、3つの年号を生きる私は戦後の歴史の証人かもしれない。 
 
出番を待つ女性達は生足で寒そうだ。 
[2019.02.11]
 
2月8日に中央区役所から「9日の大雪注意報」のメールが届いた。 
この1ヵ月以上も東京に雨が降っていなかったのが、急に大雪注意報とは嬉しい。 
雪は「午前9時頃から午後6時頃まで降り続き、積雪は5センチ」と書いてあった。そうなるとカメラマンの私の出番である。 
 
冬の風物詩「雪囲い」が素敵だ。 
[2019.02.09]
私の知り合いに81歳の老人がいる・・・・と言っても、私と4歳しか違わない。あるところで偶然にXさんと出会った。 
 
私  「お久しぶりです。お元気ですか?」 
Xさん 「元気じゃない。お金のトラブルがあってね」 
私  「えー、世慣れたXさんが、この年でお金のトラブルとは!」 
 
雨天に行ったので、「巣鴨地蔵通り商店街」閑散としていた。 
[2019.02.08]
新聞の東京版に「東京ジャーミィ」という聞きなれない名前が出ていた。なんだろうと記事を読んだら、日本で最初で最大のイスラム教のモスクだそうだ。 
そこでネットでホームページを開いてみたら、土曜・日曜・休日は日本語のガイド付きの見学が出来ると書いてあった。 
そこで「何でも興味」の私は早速、出掛けて行った。 
 
イスラム教のモスク「東京ジャーミィ」の外観。 
[2019.02.06]
「節分に桃をまく」の話は(おまけの話)に譲るとして、ここでは節分の話である。 
 
ここへ越して来る前は、節分に神社に行ったことはあまり記憶に無い。 
覚えているのは府中の大国魂神社に1回だけ行ったことがあるが、それも引退前後のことだった。 
子供の頃は家で「福は内!鬼は外!」とやっていたが、それもいつの間にかやらなくなった。 
 
今年の私は「神田明神のこころ」という本を読んでから行った。 
[2019.02.01]
 
「ゲイシャ」と聞けば、何を思うだろうか? 
殆どの日本人、いや外国人でも「芸者」と思うのが普通である。 
ところがそれとは違う「ゲイシャ」があった。 
昔の外国人から見た日本は「フジヤマ、ゲイシャ」だったが、それとは関係なくパナマの地名に本当に「ゲイシャ」という場所があるそうだ。 
 
東京駅丸の内口にあるKITTEビル。 
[2019.01.28]
かなり前からだと思うが、テレビ番組で「B&C級グルメ取材」が多い。 
きっと出演料の安いタレントを使い、制作費もあまり掛からないし、店も宣伝になるので取材が簡単なのだろうと思う。 
以前は砂町銀座商店街が良く登場したが、最近は飽きられたのか十条銀座商店街に変っている。 
 
「十条銀座商店街」の入口。 
[2019.01.25]
健康の為に毎日、外へ出るようにしている。 
いつも同じ場所を散歩するのも飽きるので、なにかイベントを探す。 
そんな時に「八社開運さんぽ」というサイトを見付けた。 
散歩出来る上に更に開運まで付いて来るのでは、「行かねばならぬ」となった。 
 
【波除神社】・・・中央区築地 
[2019.01.23]
昨年の10月11日に築地市場が豊洲に移転して、マグロの競り場の見学が再開されることになった。 
以前は午前4時に築地市場の事務所前に集合し、先着順で6時から見学が出来た。 
 
寒い中を競りの開始まで2時間も待つのは無理なので、私は参加したことが無かった。ところが豊洲に移ってからは、その方法が変ったことを知った。 
 
環状2号線の歩道から運河の向こうに「豊洲市場」の明かりが見えた。 
[2019.01.16]
ある時、都内に「江戸六地蔵」というのがあるのを知った。 
どうせ暇人なのだからと思い、手彫り地蔵をお供にその地蔵を見に行った。一日で廻るには離れ過ぎているので、のびりと5回に分けて順不同で参拝した。そもそも江戸六地蔵とは何か?を、調べてみた。 
 
(写真の木曽ヒノキのお地蔵さんは、かなり前に私が彫ったもので、今回は同行した) 
 
品川寺の地蔵(第1番)*真言宗・・・品川区南品川 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん