伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2019.12.12]
 
しばらく前に日本中を沸かせた「ラグビー・ワールドカップ」は、もうみんな忘れてしまっている。今では誰もラグビーの話をしなくなった。 
 
それまでラグビーなんか興味も無かった人達が、日本が勝ち進むと一挙に俄かファンになって行った。そういう私も同じく、俄かファンであった。 
 
丸の内仲通りは、昼休みは歩行者天国となる。 
[2019.12.09]
 
12月5日から、東京ビッグサイトで「エコプロ 2019」が始まった。 
昨年、私はネットから申し込んで入場券を無料で手に入れた。 
そこで今年もメールで、お誘いの案内が来たから行ってみた。 
 
「エコプロ」とはHPによると、「エコノミー・プロダクト」の略語で「持続可能な社会の実現に向けて」とある。 
 
都バスの水素燃料電池車 
(現在は東京ビッグサイト行きの1路線だけに運行されている) 
[2019.11.28]
 
11月26日は今季初めての寒さの上に、小雨模様だった。 
でも予定通り、中高時代の友人達と「都心を歩かない会」に行かなければならない。 
 
1年半くらい前までは「都心を歩く会」だったのに、「腰が痛い」とか「足が痛い」という人が増えて来て、仕方なく「都心を歩かない会」にするよりなかった。 
 
「やげんぼり」の店は黒塀でお洒落だ。(入口横にランチメニューがある) 
[2019.11.27]
 
新聞を読んでいたら、以前に東京都庁で一般公開した「バンクシー作品らしきネズミの絵」と思われる作品を、都民からの公開希望が多いので11月25日から当分の間、公開するという記事を見付けた。 
 
公開する場所は「バンクシーの絵が発見された場所に近い、日の出埠頭の船客待合所」である。 
 
正面奥(リックの男がいる)にバンクシーは展示されていた。(日の出埠頭待合室) 
[2019.11.22]
 
11月14日から15日にかけて皇居で「大嘗祭」が行われた。 
 
解説によると「大嘗祭は五穀豊穣と国民の安寧を祈る儀式です。毎年11月にある新嘗祭のうち、天皇が即位して最初に行う儀式を指します。天皇が一代に一度だけ行う重要な儀式とされます」とあった。  
 
東京駅から皇居へ向かう道は、和田倉門で銀杏の紅葉が真っ盛りだった。 
[2019.11.19]
 
東京も朝晩が冷え込むようになって来た。 
11月18日の朝に我慢し切れず、初めて暖房を入れた。 
 
でも9時頃には暖房を切った。 
マンションは気密性が高いので、部屋の中はあまり冷えないのが助かる。 
 
小さな公園には桜の葉が落ちていて、とても綺麗だ。 
[2019.11.18]
 
愛用のSONYのコンパクトカメラの一部が壊れた。 
壊れたところは撮影には関係ない部分で、撮影したデータをPCに取り込む為の接続口のカバーが取れて紛失してしまったのである。 
 
そこで銀座4丁目角のGINZA PLACEの5階にあるソニーストアに持参した。 
 
讃岐うどん「もり家」は香川県で一番人気店らしい。 
[2019.11.15]
 
六本木には時々、行くことがある。 
国立新美術館、六本木ヒルズ、ミッドタウン東京、おつな寿司、幸楽苑などが良く行く場所だ。 
 
夜の六本木にはイルミネーションの撮影以外は行かない。 
もう今の私には、夜の六本木は関係ない場所だからである。 
 
六本木交差点 
[2019.11.14]
 
B、C級グルメの話である。 
毎日のランチを外食している私は、出来たら新しい店の発見をしたいと思っている。 
 
周りの友人達はジジイばかりなので、外食には行かないから情報が無い。だから自分で探すしかないのである。 
 
小龍包「DIN TAI FUNG 銀座店」(840円+税)  
[2019.11.12]
(最初におまけの話) 
11月9日(土)に皇居前で奉祝委員会などの主催で「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が行なわれた。 
 
祭典は1部と2部に分かれていて、1部は誰でも参加できるが、2部はネットでの申し込みとなっていたのを知らなかった。 
申し込みが必要と分かった時は、既に締め切り日が過ぎていた。 
 
皇居前には全国各地から神輿や山車が集合していた。 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん