伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2019.06.03]
 
16年前に私の会社で働いてくれたベトナム人の実習生に、Hさんという男がいた。彼は帰国後、日本の中古の大型バイクを輸入・販売して成功した。 
 
現在はホーチミン市郊外で油圧装置の製造販売を行っている。 
この事業は私の会社で覚えた仕事で、その後も日本の関係会社に出張して来ている。 
 
Hさんが日本で買った高級カメラで、ホーチミン市の夜景を撮って送って来た。(左は68階建てのビテクス・フィナンシャルタワー) 
[2019.05.31]
 
久し振りに携帯電話に詐欺メールが届いた。 
私はパソコンから大量に送信されるメールは「拒否」の設定をしているので来ない。しかし携帯電話からだと、大量に無差別に発信されたメールでも受信してしまう。 
今回、受信した詐欺メールは次のような文章であった。 
 
キャットタワーで仲良く。ポアン(左)とペッパー(右) 
[2019.05.29]
 
この年になると、先のことより人生を振り返ることの方が多くなるのは仕方ない。反省と後悔は山ほどある。 
失敗より成功の方が少し多かったので、なんとかここまで来られた。 
 
その中で反省でも後悔でもないと思うが、残念なことがある。 
次に生まれ変わったら、「こうありたい」という話である。 
 
シニアのための「毛筆写経教室」 
[2019.05.17]
 
もう70年以上も朝食にパンを食べ続けている。 
オヤジが洋行帰りで、米の飯を食べなかったのが影響しているのかもしれない。 
 
結婚してしばらくしてから、朝食は自分で用意して1人で食べる習慣となった。そのせいか、私はパンには少し拘りがある。 
 
毎朝の決りの朝食。 
[2019.05.16]
 
22歳でニューヨーク世界博覧会のスタッフとし渡航した時に、生まれて初めてパスポートというものを手にした。 
それ以来55年間、有効期限が切れる前にズーと更新を続けて来た。 
 
ところが昨年の4月に10年有効のパスポートの期限が来た時に、考えたのである。 
「もう海外には行かないのではないか。だから、もう更新はしない」。 
 
2018年で期限切れとなった赤いパスポート。 
[2019.05.09]
この年になると滅多なことでは驚かないが、最近、驚くことがあった。 
知り合いにXさんという私より少し若いが、見た目があまり豊かそうではないジジイがいる。 
 
もしかして栄養が足りないのか、痩せていて顔色もあまり良くないので私は心配している。そこで元気を出してもらいたくて、銀座のランチをご馳走してあげることにした。 
 
*今回の写真は上野・不忍池の様子です。(5月7日) 
 
遠くに弁天堂が見えました。 
[2019.05.08]
 
誰でもカードの1枚や2枚は持っていると思う。持っていない人は、かなりの変人かもしれない。それはクレジット・カードだったり銀行カードだったり、スイカもあるし、ポイント・カードもある。 
誰でも財布には数枚のカードが入っている。 
 
現役の時は見栄もあったのか、私は年間2万4000円の会費を支払い、無理してゴールドのクレジットカードを2枚も持っていた。 
 
浜離宮恩賜庭園の牡丹園(4月22日) 
[2019.04.25]
 
今回の写真は2010年に学生時代の友人と3人で、インドの奥地に絶滅寸前のベンガルトラの撮影に行った時の写真である。ガイドは動物写真家の同級生のO君だった。 
 
なぜこの写真を使ったかと言うと、東京・池袋で、87歳の老人の運転する車に撥ねられた痛ましい交通事故が起きたからだ。 
その時のガイドのO君もタイで交通事故で亡くなっている。 
 
ベンガルトラに興味がある方は、下記の「むしゃなび」でご覧下さい。 
【インドでベンガルトラを撮影する】・・・・http://blog.mushanavi.com/jiyujin/?S=8519 
 
水場で水を飲む(象の上から撮影) 
[2019.04.17]
 
ある日のランチに「ジンギスカン」を食べた。 
その店は銀座4丁目交差点の近くにあり、店名は「松尾ジンギスカン」である。北海道の人なら誰でも知っている名前で、私も伊達市にいた時は何度も食べた好きな味である。 
 
ランチは1080円で、米は「ゆめぴりか」、サラダバー、ドリンクバー、スープ、デザートにプリンが付いているとてもお徳用なランチだ。 
 
「松尾ジンギスカン」の銀座店のランチ。 
[2019.04.13]
 
我が家では長年にわたり、北海道伊達市の農家が生産している「ゆめぴりか」を食べている。その米は伊達市の農家のSさんにお願いしていて、残り少なくなるとT農園の米が届く。 
この米が美味しくて、もう10年くらいは他の銘柄の米は食べたことがない。 
 
Sさんが以前に送ってくれたドローンにより撮影した自宅からの上空写真。(画面上方に有珠山と昭和新山が見える) 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん