伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2020.05.12]
 
暇に飽かせてネットで色々なサイトを見るが、私のお気に入りは「Live Camera」である。その中でも特にお気に入りは、 ニューヨークの「タイムズスクエア」の映像だ。 
 
東京とニューヨークの時差は13時間なので、ほぼ昼と夜が反対になる。 
昔のことだが、私はニューヨークに住んでいたことがあるので、この辺りは良く知っている。それも画像を見る動機になっている。 
 
Times Square のLive Camera をスクリーンショット) 
 
「Times Square」・・・現地時間(午前1時20分) 
[2020.05.11]
 
外出自粛が続くと、どうしても近所の話題となってしまう。 
マンションの友人のIさんからメールが届いた。 
「豊海小学校の横で工事中だった朝潮運河沿いの公園が完成し、とても素晴らしいですよ」と知らせて来た。 
 
「それでは見に行こう」と思い、散歩がてら見に行き撮ったのが今回の写真である。(臨港消防署が救助訓練をしていた) 
 
朝潮運河沿いに完成したテラスと豊海運動公園。 
[2020.05.10]
 
3月にカルフォルニア州に外出禁止令が発令されて、もう3ヵ月目に入った。食料品の買い物や散歩は許されているようだが、それでも3ヵ月は長い。 
 
そのせいか、ロサンゼルス在住のIさんから、毎日のようにメールが届く。こちらも外出自粛だからお互いさまで、外国からのメールは嬉しい。 
 
「サウスパサデナのレストランは窮地に陥っている」 
(写真はロス在住のIさん提供) 
 
「COVIDの間はお持ち帰りのみで、現金は駄目、マスク着用」 
[2020.05.05]
 
5月6日で「緊急事態宣言」の期間が終了すると思っていたら、4日になって安倍首相は「31日まで延長」と発表した。 
1ヵ月間、我慢した上に、更に「3週間」は辛い。なにしろ最初の1週間で、もう飽き飽きしてしまったのだから。 
 
諸外国と比較して2桁も死亡者が少ないのに、そこまでする必要があるのだろうか? 私は引退の身だからいいが、現役の人は仕事を失い、生活が破綻しないか心配だ。 
 
「外出自粛」なので、マクドナルドも出前する。 
[2020.05.03]
 
「外出自粛」でも、この辺りは海が近いので、人混みを避けて散歩が出来る。これがストレス解消には、大いに役立っていると感じている。 
 
ところが雨の日が困る。外へ出られないから、どうしてもPCの前に座ることが増えててしまう。すると誰かにメールを送りたくなる。 
 
コロナウィルスに関係なく、バイクの群れが行く(外出自粛前)。 
(懐かしい、見慣れた光景である) 
[2020.05.02]
 
外出自粛が続いている。 
引退した私の困り方なんて、現役の人達から比べれば大したことではない。 
 
「テレワーキングをしろ」と小池都知事は言うが、我々の毎日の生活を支えてくれている現場で働かざるをえない人達はどうするのか? 
 
それにしても「テレワーキング」などと言わず、「在宅勤務」と言えばジジババでも分かる。 
 
(今回の写真はコンクリート・ジャングルの月島界隈の路地に咲く花) 
 

[2020.04.24]
 
日本政府は全国民に一律10万円を支給すると決めた。 
TVのバラエティ番組に登場する大家族などは、100万円以上ももらえる。欧米では色々な給付金額があるようだが、そこまでするのは非常事態だからだ。 
 
これはアメリカの経済学者が考え出した「ヘリコプターマネー」という究極の政策だ。多くの企業が倒産し失業者が溢れ世界の経済が混乱して来たので、この政策を採用せざるを得なかったのだろう。 
 
(写真はアメリカのLIVE カメラより) 
NY Times Square のLive camera (PM5:00) 
観光客らしき人達が大勢、来ている。 
[2020.04.21]
 
コロナ騒ぎで外出自粛も長くなると、段々と家で過ごす時間の消化の方法が分かって来る。テレビはニュースの時間以外は、あまり見ない。 
 
新聞はほどほどに読む。本は好きで読むが、最近はすぐ眠くなってしまう。すると、どうしてもパソコンに向かう時間が増える。 
 
グランドキャニオン(LIVE カメラ)・・日時、気温が表示される。 
[2020.04.20]
 
ハンさんからのメールでは日本語の能力不足で、ベトナムの、特にホーチミン市の様子が良く分からない。 
そこでESUHAI東京事務所の日本人のX子さんに聞いてみた。 
 
彼女はホーチミンの本社勤務も長いし、ベトナム語も分かる。 
だから事情を聞くには最適だろうと考えたのである。 
 

[2020.04.14]
 
外出自粛をしていると、ブログのテーマが武漢ウィルス以外にはなかなか出て来ない。外出しないから、写真も撮影していない。 
そうすると、また武漢ウィルスの話になってしまい、自分でも嫌になっている。 
 
そこで日本では詳しい状況が分からないアメリカのことに付いて、ロサンゼルスに住む女房の従弟に「質問と答え」という形で情報を得ることにした。 
 
隅田川を行く定期観光船「卑弥呼」 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん