伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2020.05.25]
 
政府が生活に困窮する人達に、「30万円を支給する」という話が変更になった。支給すべき人の線引きと、どうやって調べるかが問題となったようだ。 
 
そして最終的には、「住民登録をしている全ての人」に決った。 
だから私にとっては想定外で、なんだか申し訳ない気持ちである。 
 
           特別定額給付金の申請書 
[2020.05.23]
 
「小人閑居して不善をなす」という話を以前に書いた。 
自粛生活も3ヵ月近くになると、小人の私は馴れと同時に「ゆるみ」も出て来る。 
 
そこをなんとか踏ん張って家から出ないようにすると、どうしてもネット依存になる。そんな時にロサンゼルス在住の女房の従弟とは、色々な話題でメールの往復がある。 
 
(今回の絵は私が56年前にニューヨークの本屋で買った絵本「This is New York」) 
 

[2020.05.22]
 
WHOのテドロス事務局長宛のトランプ大統領の書簡が凄い。 
 
「貴方とWHOの度重なる失策が世界に甚大な犠牲をもたらした。WHOが中国からの独立性を示せるかどうか。30日以内に大幅改善がなければ資金拠出を恒久停止し加盟も考え直す」。 
 
これを見て、少しは私の胸の痞えが降りた。 
 
(今回の写真は5月20日の散歩の道順) 
地下鉄で九段下駅まで行き、そこから歩いた。 
(靖国神社〜北の丸公園〜和田倉噴水公園〜東京駅〜銀座/万歩計は11,047歩) 
 
        大江戸線の私が乗った車両は、私だけ。 
[2020.05.18]
 
外出自粛をしていると、やることは決っている。 
本を読むか、パソコンに向かうかのどちらかである。 
 
ネットで見付けた記事で、今回のコロナ騒動でアメリカのニュースが、『セレブたちのSTAY HOMEの呼びかけに、嫌悪感を持つという人が増え始めている』とあった。 
 
(今回の写真はトランプ大統領のツイッターから) 
 
          「トランプ大統領支援者集会」 
[2020.05.12]
 
暇に飽かせてネットで色々なサイトを見るが、私のお気に入りは「Live Camera」である。その中でも特にお気に入りは、 ニューヨークの「タイムズスクエア」の映像だ。 
 
東京とニューヨークの時差は13時間なので、ほぼ昼と夜が反対になる。 
昔のことだが、私はニューヨークに住んでいたことがあるので、この辺りは良く知っている。それも画像を見る動機になっている。 
 
Times Square のLive Camera をスクリーンショット) 
 
「Times Square」・・・現地時間(午前1時20分) 
[2020.05.11]
 
外出自粛が続くと、どうしても近所の話題となってしまう。 
マンションの友人のIさんからメールが届いた。 
「豊海小学校の横で工事中だった朝潮運河沿いの公園が完成し、とても素晴らしいですよ」と知らせて来た。 
 
「それでは見に行こう」と思い、散歩がてら見に行き撮ったのが今回の写真である。(臨港消防署が救助訓練をしていた) 
 
朝潮運河沿いに完成したテラスと豊海運動公園。 
[2020.05.10]
 
3月にカルフォルニア州に外出禁止令が発令されて、もう3ヵ月目に入った。食料品の買い物や散歩は許されているようだが、それでも3ヵ月は長い。 
 
そのせいか、ロサンゼルス在住のIさんから、毎日のようにメールが届く。こちらも外出自粛だからお互いさまで、外国からのメールは嬉しい。 
 
「サウスパサデナのレストランは窮地に陥っている」 
(写真はロス在住のIさん提供) 
 
「COVIDの間はお持ち帰りのみで、現金は駄目、マスク着用」 
[2020.05.05]
 
5月6日で「緊急事態宣言」の期間が終了すると思っていたら、4日になって安倍首相は「31日まで延長」と発表した。 
1ヵ月間、我慢した上に、更に「3週間」は辛い。なにしろ最初の1週間で、もう飽き飽きしてしまったのだから。 
 
諸外国と比較して2桁も死亡者が少ないのに、そこまでする必要があるのだろうか? 私は引退の身だからいいが、現役の人は仕事を失い、生活が破綻しないか心配だ。 
 
「外出自粛」なので、マクドナルドも出前する。 
[2020.05.03]
 
「外出自粛」でも、この辺りは海が近いので、人混みを避けて散歩が出来る。これがストレス解消には、大いに役立っていると感じている。 
 
ところが雨の日が困る。外へ出られないから、どうしてもPCの前に座ることが増えててしまう。すると誰かにメールを送りたくなる。 
 
コロナウィルスに関係なく、バイクの群れが行く(外出自粛前)。 
(懐かしい、見慣れた光景である) 
[2020.05.02]
 
外出自粛が続いている。 
引退した私の困り方なんて、現役の人達から比べれば大したことではない。 
 
「テレワーキングをしろ」と小池都知事は言うが、我々の毎日の生活を支えてくれている現場で働かざるをえない人達はどうするのか? 
 
それにしても「テレワーキング」などと言わず、「在宅勤務」と言えばジジババでも分かる。 
 
(今回の写真はコンクリート・ジャングルの月島界隈の路地に咲く花) 
 

プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん