伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:9] [昨日:716] [ 968526 ] rss feed
[2019.08.17]
 
雑誌を読んでいたら「変な人」というエッセイに出くわした。 
エッセイの内容はここでは書かないが、「変な人」の定義は難しい。 
 
私から見て「変な人」は本当に変な人だろうか? 
もしかして私が変な人なら、アチラは変な人ではなくなるからだ。 
 
深川の地ビール。 


変な人は世の中に多くいる。 
日頃の私の町歩きでも、かなりの頻度で出会うことがある。 
 
ブツブツ言いながら歩いているオヤジ、歌を歌いながら歩いているオヤジ、どうでもいいようなことに文句を付けているオヤジ。 
どうも変な人にはオヤジが多い。 
 
みんなでヨガ(東京ミッドタウン) 
 
 
私は変な人か? 
女房に言わせると、「あなたは変な人よ」と言う。 
「どこが変?」と聞くと、「一言では言えない」と言う。 
「他の人と違うから変」と言うが、「変なのは別に悪いことではない」とも言う。 
 
「おかめ」と「ひょっとこ」  キリン(日本橋) 
 
 
そうなると、私は何がなんだか分からなくなる。 
褒められているのか、ケナされているのか分からないのである。 
 
いつの頃からか、「個性的」が誉め言葉になった。 
個性的とは他人と違うことだから、言いかえれば「変な人」ではないのか? 
 
チンドン屋(人形町) 
 
 
私の周りを見渡すと、一定の法則がある。 
現役の時にサラリーマンだった人には、引退後も常識的で変な人は少ないようだ。 
 
一方で経営者であった人は、変な人が多いように感じる。 
変であるくらいでないと、経営者は務まらないのかもしれない。 
 
ド派手なハーレー・ダビットソン。 
 
 
一番、変な人の代表は芸術家ではないだろうか? 
常識的な精神では、みんなを感動させるような素晴らしい芸術は生まれない。 
 
政治家も変である。スポーツ選手も変である。芸能人も変である。 
大学教授も変だ。新聞記者も変だ。 
こうして見ると、世の中は変な人だらけであると分る。 
 
そうなると、変な人達がこの世界を取り仕切っているのが分かるが、それは変ではないのか? 
 
お留守番。 
 
 
そのエッセイストの結論は「変な人は苦労する。差別を受けることもある。マイナーであることは他者を落ち着かない気分にさせるのだろう」 
 
「しかしある程度、時間が経ち、当人が社会との折り合いをギリギリ保っていければ、いつの日か変であることが価値になる日がやって来る」と書いている。正に名言である。 
 
「指圧の心は母心、押せば命の泉沸く」(文京区) 
(懐かしの浪越先生)。 
 
 
(おまけの話) 
今までの人生で一番変な人に会った時の話である。 
3年前の冬に、ベトナム人実習生の働く新潟県を訪問した帰り道のことである。 
 
十日町駅に着いたら、電車の到着までにしばらく時間があることが分かった。ホームは寒いので電車を待つ為に待合室に入たら、私は驚愕の事態に遭遇したのである。 
そこになんと「セーラー服おじさん」がいたのだ。 
 
十日町駅前アーケードの下を歩いていたら、上から雪の塊が落ちて来た。 
 
 
私は以前に都内で2回も、このセーラー服おじさんを見掛けている。 
そこで知り合いでもないのに、思わず「こんにちは。寒いのになぜこんなところまで来ているんですか?」と聞いた。 
 
セーラー服おじさんは「雪の中でローカル線に乗りに来ました。あなたは何しに?」と聞くので、「豪雪地帯の雪の写真を撮りに来ました」と言ったら、「撮った写真を見せて下さい」ということになり、カメラにあった写真を見せた。 
 
セーラー服おじさんと記念撮影。おじさんのポーズは気持ち悪い。 
 
 
セーラー服おじさんは「素晴らしい写真ですねー」と言っていたが、話をした限りでは普通の人だった。 
 
私は「そんな格好で風邪を引かないようにね」と言ったら、「やせ我慢です」と答えた。 
そして、私は電車に乗るために別れたが、奇妙な気持ちは今でもズーと続いている。これほど変な人には滅多に会えない。 
 
十日町駅でも除雪車が雪と戦っていた。 
[2019.08.16]
 
台風10号が西日本を襲っている最中の8月15日に、令和最初の終戦記念日がやって来た。今年で74回目であるが、「令和最初」となれば、行かねばならないと思った。 
 
でもよく考えてみたら、5月1日以降の出来事は全て「令和最初」であった。そこで「平成の終戦記念日と令和の終戦記念日の違いを確認する」という変な理屈を考え出して靖国神社に向かったのである 
 
九段下駅を出ると靖国通りは警察車両、歩道はチラシ配りの人達で埋め尽くされていた。 
[2019.08.15]
 
マンションの管理会社からお知らせがあった。 
8月14日に「臨湾消防署が新庁舎の屋上にあるヘリポートで、午前9時から12時の間にヘリコプターの降下訓練を行う」という内容だった。 
 
これはオリンピックが近付いて来たので、オリンピック村の万一の災害に対しての救助訓練ではないかと思う。 
 
曇り空の中をヘリコプターが現れた。 
[2019.08.14]
 
人生の終盤に差し掛かると、自分の人生を振り返る時間が多くなる。 
今さら取り返しはつかないが、反省しきりである。 
 
「人には歌がある」とか、「人生、歌がある」などとよく言われる。 
若い頃には「なにを言ってるんだか?」と思っていた。 
私の音痴もその理由だった。 
 
(今回は写真で人生を振り返ってみた) 
 
ネパールにヒマラヤ山脈を見に行った(2005年) 
2015年に起きた大地震で、これらの建物は全て破壊されてしまった。 
[2019.08.13]
 
気温が35度の中を熱中症を心配しながら、久しぶりに渋谷に行った。 
山手線を渋谷駅で降りると、改札口に向かう人の波が恐怖を感じるほどだ。 
 
改札口を出ると、そこは広場となっていて、片隅に「忠犬ハチ公」の銅像がある。外国人が順番待ちで、ハチ公と一緒に写真を撮っている。 
 
渋谷駅前の「忠犬ハチ公像」を後ろから見る。 
[2019.08.12]
 
1968年から1981年まで続いた、「人に歴史あり」というテレビ番組があった。それは現在のテレビ東京の放映で、各界の名士が登場してその人の歴史を語るトーク番組だった。 
 
名士でなくても、誰にでも歴史はある。 
面白い歴史を持った人、苦労した歴史を持った人、思い掛けず上手く行った歴史を持った人など色々いると思う。 
 
ペッパーちゃん。 
[2019.08.09]
 
神田・神保町に行った。その理由は映画を見るためである。 
あんな小さな小さな町である神保町には映画館が2軒あるから驚く。 
 
1軒目は私がたまに行く「岩波ホール」で、ここは大手がやらない問題作の映画を上映する。もう1軒は「神保町シアター」で、昭和の懐かしい映画を中心のプログラムを上映している。 
 
「神保町シアター」の看板はお洒落だ。 
[2019.08.08]
 
文京区観光協会事務局から封書が届いた。 
開けてみたら、「第58回文京区観光写真コンクールのご案内」の手紙だった。 
 
前回の第57回の写真コンクールに応募して、あっさり落選した。 
しかし「惜しい」と思われる写真展が文京区役所で開催されて、それには通った。 
 
東京大学の赤門前では、いつも記念撮影する親子がいる。 
[2019.08.07]
 
6月の「むしゃなび」で、ベトナムのMinh Long にFEVEを買いに行った話を書いた。趣味というのは関係無い人には分かり難い。 
 
娘はレア物のFEVEを時々、フランスから日本でいうところのメルカリで買っている。値段は高いが希望の品が届く。 
それは小さいものなので、フランスのタバコの空き箱に入れて送られて来る。 
 
警告文「あなたの歯とあなたの歯茎への喫煙の夜」(翻訳ソフトで) 
[2019.08.06]
 
日本にやって来た「ベトナム人のハンさん」夫婦を、都内の写真撮影に案内する日になった。私が6月にベトナムに行った時はとてもお世話になったので、今回はそのお返しである。 
 
8月4日(日)の午前10時に、JR山手線の新橋駅の汐留改札口で待ち合わせた。ハンさんの奥さんは残念ながら日本語が分からないので、ハンさんに通訳してもらう。 
 
レインボーブリッジの上り口から見る。 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん