伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:574] [昨日:671] [ 970516 ] rss feed
[2019.08.21]
 
大学生時代の友人にMさんがいた。彼は東京生まれ東京育ちで私と同じだが、多摩育ちの私とは違いかなり都会的だった。 
 
彼は都内に住んでいて、彼の家に遊びに行ったら隣の家は大平総理大臣の家だった。古い洋館建ての家で、彼のオヤジはプラスチック関係の会社を経営していた。 
 



私はそのオヤジに可愛がられ、柴又にある先祖の墓参りにも一緒に行った。その頃はまだ渥美清主演の「男はつらいよ」は作られていない時代で、柴又の帝釈天もただの東京の外れのお寺だった。 
墓参りが終って「川甚」という料亭で、生れて初めて「鯉のあらい」を食べた。 
 
 
Mさんはアバウト男で色々と気に入らないことが多かったが、東京のことを知りたくて我慢して付き合った。都心の人から見れば、小金井の男なんて田舎者なのである。 
 
私が生まれて初めてコカ・コーラを飲んだのも、Mさんと一緒だった。 
神田にあった「窓」という喫茶店に連れて行かれて、そこでコーラを飲んだのである。 
 
 
初めて飲んだコカ・コーラは薬臭い味がして、とても不味かった覚えがある。こんなものをなぜアメリカ人は飲むんだろうと、その時は思った。 
 
他には六本木に連れて行かれて、ニコラス・ピザハウスでピザも初めて食べた。東京タワー近くの「ヴォルガ」で、初めてロシアのスープであるボルシチも飲んだ。 
 
 
お互いの結婚後も付き合いが続いたが、Mさんに子供が生まれ、その子が3歳の時に母親が目を離した隙に2階のベランダから落ちて死んでしまった。 
 
それ以来、私は何も関係無く悪くもないのに、なんとなくギクシャクした関係になった。Mさんの奥さんも自責の念にかられてか、遊び人のMさんに辛く当たるようになった。 
 
 
それでも私達は完全に付き合いを止めたわけではないので、細々と関係は続いた。彼の息子が結婚することになり、私達夫婦は結婚式に呼ばれて出席した。 
 
次に私の子供が結婚することになり、Mさん夫婦に招待状を送ったら出席の通知が来た。 
ところが結婚式の当日に、Mさん夫婦は披露宴会場に現れなかった。 
 
 
しばらくしてから私はMさんに、「なぜ来なかったの?」と聞いてみた。そうしたら彼は大事な時に「いい加減さ」が出てしまい、「忘れていた」と言ったのである。 
 
そしてすぐに高額な高島屋の商品券を持って、夫婦で私の家に謝りに来た。でも、それがキッカケで、なんとなく付き合いは終ってしまったのである。「人生いろいろ」である。 
 
 
(おまけの話) 
在日韓国人の友人にKさんがいた。正確には日本に帰化した「元」韓国人である。彼とは仕事上の知り合いだったが、個人的にも同じゴルフクラブに所属して一緒に遊んだ。 
 
最初の頃は、私は彼が在日だとは知らなかった。 
ある日のことである。 
仕事の関係で、彼が社長をしている会社を訪問した。 
 
 
その時に彼のオヤジで創業者でもある、その会社の会長を紹介された。 
会長と話して、すぐに分かった。 
日本語が変で、しかも韓国人特有の濁音が話せない。 
 
でも大変に人柄が良い人で、それからも会社に行く度に会長と話をしたが、韓国に関する話は一度もしたことが無かった。 
 
 
Kさんも「自分は在日」であると私が分かっているはずと思うが、お互いにそのことには最後まで触れなかった。 
 
私が仕事を辞めたことを境に付き合いが終ったが、彼は色々な場面で必要以上に「日本人である」ことを演技していたように感じた。 
現在の日本と韓国の関係を考えると、私はKさんと韓国の反日の話をしたかった。 
 

[2019.08.20]
 
台風10号が去って、翌日から急に暑くなった。 
内陸部では気温が体温を越えて、40度近くになったとのTV報道があった。東京は36度だが、それでも私は家を出る。 
 
これは自分で「義務」と決めているからだ。 
50歳くらいの時に、ゴルフ仲間の70歳の友人が言った言葉を私は守っているのである。 
 
出掛ける時は、凍らせたエビアンを保冷バッグに入れて持って出る。 
[2019.08.19]
 
数日前から勝どき駅前の公園で盆踊り用の櫓が組まれ始めた。 
次の週末に盆踊りが行なわれるのだなーと思った。 
 
家に戻ってその話をすると、「盆踊りの東京音頭の手の動きは、こうだったかしら?」と女房が身振りで示した。 
私は「忘れたなー。じゃー、土曜日に公園の盆踊りを見に行こう」ということになった。 
 
盆踊り会場は始まる前から大混雑。 
[2019.08.17]
 
雑誌を読んでいたら「変な人」というエッセイに出くわした。 
エッセイの内容はここでは書かないが、「変な人」の定義は難しい。 
 
私から見て「変な人」は本当に変な人だろうか? 
もしかして私が変な人なら、アチラは変な人ではなくなるからだ。 
 
深川の地ビール。 
[2019.08.16]
 
台風10号が西日本を襲っている最中の8月15日に、令和最初の終戦記念日がやって来た。今年で74回目であるが、「令和最初」となれば、行かねばならないと思った。 
 
でもよく考えてみたら、5月1日以降の出来事は全て「令和最初」であった。そこで「平成の終戦記念日と令和の終戦記念日の違いを確認する」という変な理屈を考え出して靖国神社に向かったのである 
 
九段下駅を出ると靖国通りは警察車両、歩道はチラシ配りの人達で埋め尽くされていた。 
[2019.08.15]
 
マンションの管理会社からお知らせがあった。 
8月14日に「臨湾消防署が新庁舎の屋上にあるヘリポートで、午前9時から12時の間にヘリコプターの降下訓練を行う」という内容だった。 
 
これはオリンピックが近付いて来たので、オリンピック村の万一の災害に対しての救助訓練ではないかと思う。 
 
曇り空の中をヘリコプターが現れた。 
[2019.08.14]
 
人生の終盤に差し掛かると、自分の人生を振り返る時間が多くなる。 
今さら取り返しはつかないが、反省しきりである。 
 
「人には歌がある」とか、「人生、歌がある」などとよく言われる。 
若い頃には「なにを言ってるんだか?」と思っていた。 
私の音痴もその理由だった。 
 
(今回は写真で人生を振り返ってみた) 
 
ネパールにヒマラヤ山脈を見に行った(2005年) 
2015年に起きた大地震で、これらの建物は全て破壊されてしまった。 
[2019.08.13]
 
気温が35度の中を熱中症を心配しながら、久しぶりに渋谷に行った。 
山手線を渋谷駅で降りると、改札口に向かう人の波が恐怖を感じるほどだ。 
 
改札口を出ると、そこは広場となっていて、片隅に「忠犬ハチ公」の銅像がある。外国人が順番待ちで、ハチ公と一緒に写真を撮っている。 
 
渋谷駅前の「忠犬ハチ公像」を後ろから見る。 
[2019.08.12]
 
1968年から1981年まで続いた、「人に歴史あり」というテレビ番組があった。それは現在のテレビ東京の放映で、各界の名士が登場してその人の歴史を語るトーク番組だった。 
 
名士でなくても、誰にでも歴史はある。 
面白い歴史を持った人、苦労した歴史を持った人、思い掛けず上手く行った歴史を持った人など色々いると思う。 
 
ペッパーちゃん。 
[2019.08.09]
 
神田・神保町に行った。その理由は映画を見るためである。 
あんな小さな小さな町である神保町には映画館が2軒あるから驚く。 
 
1軒目は私がたまに行く「岩波ホール」で、ここは大手がやらない問題作の映画を上映する。もう1軒は「神保町シアター」で、昭和の懐かしい映画を中心のプログラムを上映している。 
 
「神保町シアター」の看板はお洒落だ。 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん