伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:290] [昨日:902] [ 1270398 ] rss feed
[2020.08.12]
(2013年8月5日) 
 
日本語学校の裏手に市場がある。 
築地の場外売り場を、もっと雑然とさせたような感じである。 
 
縦に2本の通りがあり、横に3本の通りがある。 
そこに早朝から、数え切れないほどの店が出ている。 
多くの買い物客が来ていて、歩くのも苦労するほどの混みようである。 
 
野菜は豊富で新鮮である。 


魚屋、八百屋、肉屋、果物屋、加工食品屋、花屋、生地屋、下着屋などが出ている。魚屋は川魚が多く、全て生きている。 
大きな魚はお客の目の前で、ぶつ切りにして並べていたりする。 
 
イカを売る店が多い。左隣は茹でタケノコ屋。 
 
 
海の魚も多くある。 
イカが多いが、アジ、秋刀魚、ブリなどがある。 
焼き魚にして売っている店もある。 
 
肉屋は冷蔵庫は無い。切った肉を吊るして売っている。 
ブタ肉が多いが、鶏肉や内臓も売っている。 
その隣に下着屋なんかがあり、雑然としている。 
 
肉屋は冷蔵庫は無く、吊るして売る。  
 
 
それぞれの場所は権利があるのかどうか分からないが、場所の無い人は狭い道の真ん中で、タライのような器に品物を入れて売っている。 
そこにバイクも来るのだから、歩くのも難しくなってしまうのである。 
 
焼いたか、乾燥させた芋虫を売っていた。どうやって食べるのか? 
 
 
驚くのは「さつま揚げ」、「豆腐」、「厚揚げ」のように見える物もある。サツマイモを蒸かして売っている店があったので、私は買ってみた。小さめの物が2つで、3000ドン(15円)であった。 
 
蒸かし芋を買った。値段が書いてないので、交渉になる。 
 
 
食べてみたら、金時芋のようにホクホクしているが、甘さが少ない。 
でも美味しい。 
 
次にバイクの荷台で、揚げパンのような物を売っているのを見付けた。 
これも買ってみた。 1個3000ドンというが、これは胡麻化されていると思う。 
 
揚げパン屋。 
家で主婦が作って来て、勝手に売る。本当の値段は分からない。 
 
 
揚げた丸いパンにカラメルを絡めてある。 
食べたら甘くて美味しい。 
でも、油が悪くて胸につかえるので少しで止めた。 
 
東京の築地市場も同じだが、市場というのはどこの国に行っても面白い観光地である。 
 
焼き魚は種類も多い。アジ、秋刀魚、サバ、鮭などらしい。 
 
 
(おまけの話) 
市場でマンゴスチンを買った。 
人の良さそうな感じの顔をした主の店でないと、胡麻化される。 
ベトナムでも、悪い奴は悪そうな顔をしている。 
 
1万5000ドンという正札が見えた。 
これは1キロの値段の筈である。 
 
マンゴスチンは1キロ1万5000ドン。・・・らしい。 
 
 
そこで、その店で買うことにして、オバサンにマンゴスチンを指差した。オバサンは何か言ったので、指で2の数字を示して日本語で「2キロ下さい」と言った。 
オバサンはギョッとした顔をした。 
 
でも袋にマンゴスチンを入れて私に手渡した。 
量が少ないので、もっと入れるようにゼスチャーで示した。すると更に 
袋に入れて、秤で計った。 
 
八百屋が一番多いようだ。パイナップルを剝いて売っている。(右上) 
 
 
私が2万ドンを渡すと、足りないような仕草をした。 
そこで20万ドン札を渡した。オバサンはお釣りを寄越さない感じだった。 
 
すると隣で麺類を売っていたオバサンが、ベトナム語で「お釣りをあげなさい」と言ったように感じた。 
 
それはマンゴスチン売りのオバサンがその言葉を聞いて、私にお釣りの16万ドンを寄越したことで分かった。これでも1万ドンは余分に取られたが、まあ50円だからヨシとした。 
マンゴスチンは16個で4万ドンだったので、1個では13円くらいだった。 
 
値段は交渉らしく、なかなか決まらない。(ジャガイモを売っている) 
 
 
[2020.08.11]
(2013年8月3日) 
 
ベトナムという国は結構面白い。 
面白い理由の1つに、「外国語が分からない」というのがある。 
言葉が分からないために誤解することも多いが、これは開き直って楽しめば良い。 
 
  タクシーの中から (私には運転できない)  
[2020.08.10]
 
朝いつものようにパソコンを開いたら、中央区役所からメールが届いていた。「本日は暑さ指数が厳重警戒以上と予測されます。炎天下の活動は控え、こまめな水分補給、休憩を心掛けて下さい」。 
 
最近の官庁はお節介だ。昔と違って体調管理も自己責任ではなくなったのも、なんでもクレームを付ける人が増えたからかもしれない。 
 
   「十王図」(総持寺所蔵)/鏡に過去の悪事が映し出される。 
  
[2020.08.09]
 
今年も間もなく終戦記念日が来るが、暑いので出掛けるのが億劫になって来た。なぜならコロナウィルス対策で、このバカ暑い中をマスクをしなければならないからだ。 
 
寒い時はマスクも悪くはなかったが、気温が30度を超えるとマスクの中が汗だらけになる。 
果たしてコロナウィルスと熱中症の、どちらを心配したらいいのだろう? 
「戦災の後をたずねてー東京を歩く」(定価は1900円だった) 
1998年7月31日初版 
[2020.08.08]
 
8月1日の夕食の時に窓から外を見たら、勝どき橋とその先の佃大橋がライトアップされているのが見えた。すぐにネットで調べてみた。 
 
すると、【東京都は「2020年に向けた実行プラン」の一環として、水辺のにぎわい向上や隅田川橋梁群の観光資源としての活用を図る観点から、隅田川に架かる10橋のライトアップ設備新設/更新を進めている】。 
 
    豊洲大橋の上から見たレインボーブリッジはブルーだった。  
[2020.08.07]
 
NY時代の友人で清水市に住むMさんから、「山岡鉄舟」に関する資料が送られて来た。私は山岡鉄舟のことは詳しくは知らなかったので、資料を読んで、もっと詳しく知りたいと思い図書館から「決定版 山岡鉄舟」という本を借りて来た。 
 
この本は371ページもある分厚い本で、7月の4連休を利用してやっと読み終えた。 
 
          「決定版 山岡鉄舟」★★★ 
        371ページは、さすがに読みごたえがある。 
[2020.08.06]
 
今回は「世界遺産」で、私が怒っている話である。 
最近は高齢者にキレる人が増えているようであるが、これは病気のようだ。 
 
その原因は「年齢を重ねると、ホルモンの減少などで活動的でなくなる。そして老化による脳の萎縮で、怒りを抑えるブレーキが効き難くなる」そうである。 
 
        長崎県にある「端島」・・・通称「軍艦島」 
[2020.08.05]
 
最近は新型コロナウィルスのことが、かなり詳細に分かって来たようだ。世界中の科学者が研究を進めているからで、ワクチンと治療薬もいずれ出て来るだろう。 
 
テレビのワイドショーに出て来る専門家と称する人は、本当に専門家なのだろうか? 彼らはテレビ局の用意した原稿に沿って話をしているだけで、科学的な証拠を示さない。 
 
         「深川不動堂」ご本尊は不動明王 
[2020.08.04]
(2013年8月2日) 
 
異国で日本語を教えるというのは、非常に教え甲斐がある。 
生徒にとっては日本へ行くことが出来れば、人生を変えることが出来る数少ないチャンスであるから、非常に熱心だからだ。 
 
ザボン園で船からザボン畑を見ることになっていたが、見えなかった。 
 
[2020.08.03]
(2013年8月1日) 
 
昨日の話で「ドクダミ」のことを書いたら、日本から3人の友人がメールで指摘して来た。「ドクダミは毒ではない。毒矯みから来ていて、毒を抑えるの意味です」とあった。ありがとう。知りませんでした。 
 
たまには間違いを書かないと返信をもらえないので、この間違いは私にとっては良かったと思っている。 
 
さて、2日目は教室がお休みなので、ドンナイ観光となった。 
朝7時15分に先生2人がホテルに迎えに来てくれた。 
今日はハイヤーを頼んである。 
 
名前は分からないが、有名なお寺。ここでは阿弥陀如来も象に乗っている。 
 
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん