伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [165] rss feed
[2019.02.10]
■パイナップル缶を家族で分ける幸せ!インフルエンザになると一缶食べられる幸せ!
パイナップル缶  
 
 
 
これ  
冬のカゼの  
トッコウヤクでした。  
その昔は!  
 
家族も多く  
そして  
兄弟多い時代に  
一つのパイナップル缶を家族で分ける  
幸せ  
 
そして  
カゼをひいたら冬には  
特別扱いで  
寝ている頭の所にそっと一缶置いてあるわけですよ。  
 
何時もは  
家族で分けるので  
一つの輪しかあたらず  
汁にあたるシロップは  
親に持っていかれる。  
または、家族で分ける。  
 
カゼになると  
特別扱い!  
 
そりゃ〜  
ウイルスに耐性作らずに治るわけです。  
 
多分に  
スルピリンと咳止め、痰切り、鼻水どめのクロルフェニラミン程度でしょ。  
抗生剤なんて出すわけ無い!  
 
あの頃に戻り  
皆んなでパイナップル缶を分ける  
あの  
ささやかな幸せ  
 
見直しませんかね!  



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

プロフィール
ふなおか薬局
ふなおか薬局
昭和44年1月11日生まれの25歳まで本籍が伊達市の薬剤師です。 
縁があって平成18年よりこの伊達市で小さな相談薬局を開いております。 
これまた縁があって平成24年に甲状腺癌になって人生観が大きく変化してしまいました。 
これも因果応報ですと納得して日々出来る事からコツコツやってます。 
子宝相談や癌、アトピー、ダイエット、果てはペットの健康相談までやってますよ。 
食べるの、飲むの大好きですが、酵素断食ファスティングも大好きです。 
お身自を知りを〜 
ブログ検索