伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:0] [760] rss feed
[2009.08.10]
■  ∞
 
 
 
 
 
 
 
 
 古い蔵のお蕎麦屋さん。 
 
 
 カウンターの頭上には黒いプレートがぶら下がっています。 
 
  


 
 こんにちは。 
 
 
 ブログ、かじやの「たわごと」を始めて3日目、未だ自身の芸風が定まらないSolusです。  
 
 
 今日は、今まで手がけた仕事の中から、いつもとちょっと違う楽しかったものを紹介します。 
 
 
 いや、決して普段の仕事が楽しくないとか、そういうことじゃなくて・・・・・ 
 
 
 このプレートは、厚さ6mm、幅が250mm、長さが・・・・・忘れました・・・ 
 
 
 アセチレンガス切断機で、私がフリーハンドで文字を切り抜きました。 
 
 
 頑丈な梁から吊り下げた棒も手曲げ。 
 
 
 固定したビスは真鍮のマイナス頭の皿ビスです。 
 
 
 今はマイナス頭がなかなか手に入りませんが、早瀬商店の棚で発見しましたよ♪^−^) 
 
 
 黒ずんだ仕上げは、塗料ではありません。 
 
 
 アウトドア好きでダッジオーブン使いならばピン!とくるかも知れませんが、オリーブオイルを何度も焼き付けて黒くしました。 
 
 
 所謂シーズニングです。 
 
 
 食べ物屋さんのカウンターなので、食用油ならば安心でしょうか? 
 
 
 キャンプの知識が役立ったという数少ない例ですね。^−^;) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 こちらは豊浦町の鈴木設計室さんからの依頼品。 
 
 
 会社のサインボードです。 
 
 
 デザインは鈴木さん、私は上のプレート部分を施工させていただきました。 
 
 
 こちらのプレートは厚さ9mm、長さは1800mm、重さが30kg以上あります。 
 
 
 枕木の設置(土木工事?)と切り込み(建築工事??)は鈴木さんご自身。 
 
 
 プレートは私と二人で設置しました。(人間重機) 
 
 
 あえて塗装はせず、錆を発生させて、サンドブラストでロゴマークを加工したアクリルプレートを取り付けています。 
 
 
 アクリルプレートは、ネガ、ポジ、両方作ってあり、4本のSUSのビスで簡単に交換出来ます。 
 
 
 奥様のフラワーアレンジで素敵に出来上がりました。 
 
 
 季節ごとにいろいろな表情を楽しめるサインボードですね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そしてこちら。 
 
 
 洞爺湖町のパン屋さん“森のくまさん”が2006年にリニューアルする際に、やはり鈴木さんから依頼されたお仕事。 
 
 
 ん?どこに金物が??とお思いでしょう? 
 
 
 実は、店舗と厨房を仕切っているガラスのパーテーションを施工させていただきました。 
 
 
 厚さ5mm、高さ600mm、幅が1800mmで、パンの原料、小麦をサンドブラストで彫りました。 
 
 
 何もかも初めての事ばかりで試行錯誤しながらの加工、納入でしたが、大変勉強になりました。 
 
 
 鉄×枕木、鉄×ガラス、もっともっと、∞の可能性を今後さがしていきたいですね。 
 
 
 
 
  
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
 浮き玉 
 
  
 溶融亜鉛メッキ 
 
 
 大正ガラス・・・(風?) 
 
プロフィール
フジテッコウ Solus
フジテッコウ Solus
 伊達市舟岡町、鉄工所の2代目です。 
 
 
 伊達で生まれ、伊達で育ち、伊達で死んで行きたい。 
 
 
 口下手なつまらないオジサンですが、鉄の話、趣味の話など、徒然なるままに綴っていく予定です、今のところ。 
 
 
  
ブログ検索
 
 
 鉄の行灯 
 
 
  
 アイアン 
 
 
 
 ペーパーウェイト