伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [484] rss feed
[2017.04.03]
■     − 稀府岳 −
 
 
 
 
 
 
 
 
前日、こんな肉山の登頂成功に気を良くし、1年ぶりに山へ行ってきました。 


 
 
 
 
 
 
 
 
毎日窓から見慣れているのに初めて登る山『稀府岳』です。 
 
朝7時半、他には誰もいません。 
 
 
 
 
 
 
 
 
となりの伊達紋別岳には何度も登りましたが、二つの山の間にある『天狗岩』、子どもの頃から一度でいいから近くで見てみたい、と思いつつ登山道からは遠く、諦めていました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところが、稀府岳に登った知り合いから「稀府岳の頂上から天狗岩に縦走できるらしいよ。」と聞き、今年は絶対に行こう!と思っていました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
稀府岳頂上から天狗岩までは1時間以上かかるそうで、久しぶりに何のトレーニングもしてない初老の体力ではどうなんだろう?と、大いに不安を抱きながら、まぁ行けるだけ行ってみよう、と毎度の見切り発射。 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊逹紋別岳は、一合目からきつくて、毎回登り始めてすぐに後悔するのですが、稀府岳は、ちょっとだけ楽でした。 
 
ついつい急いで歩を進めてしまう癖があるので、とにかく小股でゆっくりと、休みながら、を心がけながら、登りました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊逹紋別岳もそうなのですが、稀府岳には何度もピークがあり、「あそこが頂上かな・・」と淡い期待を持っては、何度も裏切られました・・^−^;) 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな事を何度も繰り返し、疑心暗鬼になった頃、あっけなく頂上へ。 
  
いつもならお湯を沸かし、のんびり食事や珈琲を楽しむところですが、まだ雪が積もる狭いスペースで、軽く行動食をつまみ、写真を撮り、いざ天狗岩へ! 
 
 
 
 
 
 
 
 
勇んで歩き出して間もなく、ガクっと道が落ち込み、先人たちの足跡もそこまで。 
  
先日の雪が積もり、その後誰も天狗岩へ向かっていなかったようです。 
  
スノーシュー等の装備をしていなかった(というか、持っていません)ので、これ以上は無理と判断し、次回へおあずけ、となりました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
登りに約2時間、下りに1時間半、終始雪道に、下山した時にはけっこうヘロヘロ。 
 
  
天狗岩へ行けなくて正解だったかも知れません。 
  
 
憧れの天狗岩、必ず会いに行きます。 
 
 
 
 
 フジテッコウ 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
 浮き玉 
 
  
 溶融亜鉛メッキ 
 
 
 大正ガラス・・・(風?) 
 
プロフィール
フジテッコウ Solus
フジテッコウ Solus
 伊達市舟岡町、鉄工所の2代目です。 
 
 
 伊達で生まれ、伊達で育ち、伊達で死んで行きたい。 
 
 
 口下手なつまらないオジサンですが、鉄の話、趣味の話など、徒然なるままに綴っていく予定です、今のところ。 
 
 
  
ブログ検索
 
 
 鉄の行灯 
 
 
  
 アイアン 
 
 
 
 ペーパーウェイト