伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:12] [昨日:20] [ 15873 ] rss feed
[2012.03.11]
本日、3月11日の11時から14時の間  
 
舟岡の整体とパーソナルトレーニングの店「均整きぃとす」にて  
 
介護用リフトの体験会を開催いたします(^_^)/ 


 
 
 
 内容  介護用リフトの体験  
 
 日時  平成24年3月11日(日) 11時〜14時  
 
 場所  整体とパーソナルトレーニングの店  
     「均整きぃとす」  
     (伊達市舟岡町351-12   
      セイコーマート伊達舟岡店の裏のレンガの家)  
     ★駐車スペースに限りがございます。ご了承ください。  
     ★地図や経路はきぃとすHPからご確認ください。  
      http://kinseikiitos.jimdo.com  
 
 費用  無料  
 
 
 
 
 
介護リフトとは、自分ひとりではベッドから車いすなどへの乗り移りが難しい方に対し、身体を吊り具などで支えてリフトで持ち上げ乗り移りをさせる福祉用具です。  
機械の力で持ち上げますので、介助者は重さの負担のない状態で容易に介助ができます。  
 
介護保険のレンタル対象となっていますし、  
欧米では活用されている用具ですが  
日本では「危ないんじゃないか」「吊られたら苦しそう」などと  
間違った印象から普及率はとても低く、  
北海道はその中でも特に低いという残念な状況になっています。  
 
 
ところがどっこい  
その操作は考えているよりも容易で、乗り心地も悪くありません。  
 
中には「人を物で扱うなんて!」と美徳には反する方もいらっしゃるかと思いますが、機械を使うことでお互いが余裕をもって笑顔で動作介助ができる別の利点がうまれます。  
 
そして… お互いが余裕をもって介助されるということで  
余分な緊張をとりのぞき、ベッドから離れる機会が増え  
結果として障害が改善することもあるのです!  
 
その乗り心地は、一度、介助をする人自身が吊られてみると  
とてもよくわかります!   
人力で ぐえ!っと苦しい思いをするくらいなら  
この方法で運ばれる方がどんなにか気楽なことかと思うくらいです。  
 
 
 
そんな介護リフトについて  
まずはいろいろ触ってもらおう 乗ってもらおう いじってもらおうと 気楽なイベントとして体験会をご用意してみました。  
興味のある方はぜひふらっと遊びに来ていただければと思います。  
 
 
費用は無料ですが、決して販売促進などのあやしいイベントではありませんので(笑) 安心してお越しください。  
 
 
 
当日はメーカ職員とともに、理学療法士であり福祉用具プランナーでもあるスタッフが常駐いたします。  
実際に障害をお持ちの方で試してみたいという方も体験できるよう考えておりますが、大変申し訳ないことに当店「均整きぃとす」にはスロープの設置が追いついていません。。。  
★事前にご連絡ご相談いただけるとお話がスムーズです★  
 
 
 
当日体験できる機器(予定)  
・床走行式介護リフト  
・リフト以外にも、乗り移りやベッド上での介助に役立つ「ボード」や「シート」「手袋(グローブ)」も用意   
 ★カタログで見るだけではわからない快適さをぜひご体験ください!  
[2011.07.11]
今日の午後からは 
伊達市高齢福祉課主催の「介護予防講座」 
末永の集会所でお話しをしてきます。 
 
対象は65才以上の市民の方 
保健師さんを通して連絡がいくのですが 
介護?!と煙たがる人も多いようです。 
 
 
でもね、 
 
「介護」の状態になることを 
「予防」するための  
 講座なんですよ〜〜〜 
  嫌わないで〜〜〜〜 
  (名前変えれば良いんだよね) 
 
 
ほっておくとまずいぞ!という不調を 
早めにみつけることで 
早めに対処する 
 
これが 大事(おおごと)にならないようにする 一番の方法です。 
 
 
 
 
前回は、ツボ刺激を上手に使った身体のほぐし方のお話しを 
させていただきました。 
 
 
今回は、前回の復習〜ストレッチをして身体を伸ばしたあと、 
鍛えておきたいインナーマッスルの話しとトレーニングをして、 
 
その後に 
「楽に安全に行える身体の動かし方」 
のお話しをしてきます。 
 
 
 
日頃なにげに行っている 
寝返り方、起き上がり方、立ち上がり方、座り方 etc... 
 
実は力や反射神経やバランスに頼った今までの方法が 
年齢を重ねたり、けがや病気をしたことで、 
自分にとって危険な動作になっていることがあります。 
 
身体にとって無理なく、安全な動き方はどんなものなのか。 
そんなお話しをしてきます。 o(^_^)o 
 
 
 
会場は広いので、年齢を問わず見学も可能かと思います。 
受付に私もいますので見学を希望される方は声をかけて下さい。 
 
今年度の介護予防講座は 
9月に竹原地区、10月に稀府地区でも開催されます。 
自分で言うのもなんですが(^_^;; 
楽しくやっていますので「介護」の文字を嫌がらずに 
声をかけられた方は参加してみてくださいね〜〜 
[2011.07.08]
「伊達市動作介助を考える会」(略称:伊達介助)は、毎月第三木曜日にサポートセンターひまわりさんの地域交流ホールを借りて勉強会を開催しています。 
 
一昨年8月に立ち上げて2年が経過。今年の春からまたあらたに一からスタートしたところです。 
 
仕事で動作介助をする機会がある人が集まって、1時間半ひたすら身体の動かし方の練習をしています。 
 
 
 
何も考えず技術も使わずに人の身体を動かそうとすると、それはとても大変な仕事になってしまいます。50kg以上の重さを動かすことと考えたらあり得ないお仕事です。 
 
残念なことに日本の介護、動作介助の現場では、えいやっと力任せの介助が行われているところが多いのです。落とさないようにズボンの端をしっかり持ってしっかり持ち上げてなんていうのも見かけます。某国営放送でもそんな場面を流していました… それが当たり前になっています。 
 
でも、よく考えてみて下さい。 
そんな方法をされたらどんな感覚を覚えるでしょうか 
立つとか乗り移るとか目的は達成できますが、身体はどうでしょう? 
痛くないでしょうか。苦しくないでしょうか。怖くないでしょうか。 
ズボンでもちあげられたら、股に強く服やおむつをくい込ませられる感覚は問題にならないでしょうか。おむつの中に問題がないとは限りません… … … 
 
介助者にとっては何も考えずに行うよりも楽に安全に行えるからと教えられている介助法も、相手の立場にたってみると必ずしも良いものではないのです。おそろしいことに毎回の痛みや苦しさを積み重ねていると、そのことで身体は固くなり、体調を崩していきます。… 
 
 
 
伊達介助では、そんな介助をなくしていこう、「人にやさしい介助」を身につけ広めていこうと、みな懸命に練習を積み重ねています。 
また、昨年から伊達市社会福祉協議会主催の「家族介護教室」の講師の依頼を受け、一般の方にもお話しし体験してもらっています。 
 
 
動作介助を目的を達成するだけでなく「人にやさしい介助」に変えていきたい! 
そんな思いでこれからもいろいろなことをやっていきます o(^_^)o 
 
 
 
みなさんのまわりで介護・動作介助で苦労されている方はいませんか? 
リクエストがあれば今一番困っているその内容に合わせて、どのように行えば介助がされる人にもする人にも安全でやさしいものになるのか ご紹介したいと思います。 
 
よっぱらって帰ってきたお父さんが玄関から動かないのでどうすれば良いのか教えて〜という内容でもいいです(^_^;; 
リクエスト お待ちしております。 
[2011.07.06]
一作年にご挨拶したままほったらかしていたにも関わらず 
名だたるブロガーさんに混じってオフ会に呼んでいただきました。 
 
2時間があっという間 延長30分もあっという間の楽しい会でした。 
 
ご一緒させていただいたテーブル席があまりにも楽しくて、他のお席の方々にご挨拶できなくてすみませんでした。 
 
そしてご一緒させていただいた「徳舜瞥からこんにちは」のお母さま、高橋さんご夫妻、ちびたのお父さま、ダンディーで甘党なホテルマンさん、ありがとうございました!(^_^) 
 
そしてそしてみほさん 整体の押し売りしちゃってごめんなさいね。だってだってブログ読んで気になってたんです。ゆるめたら絶対楽になるので上手にやさしくストレッチしてみてくださいね。 
 
そしてそして菜っ葉やさん!お店の紹介に誘ってくださってありがとうございます。二人でキムチをおいしいおいしいとたくさんいただきました(私は以前から貴会のキムチのファンです)なので、店長には頑張ってお礼をさせたいと思います(^_^;; 本当は今日、畑のこととかいろいろ聞きたかったのですが、また今度機会があればお願いします。 
 
おっと!忘れてました(^_^;; 
こんな私どもを誘ってくださった吉居さん 素敵なオフラインミーティングを企画してくださった実行委員の皆さま 噂にたがわぬ素ん晴らしいお料理の数々でおもてなししてくださったホテルローヤルの皆さまにも感謝感謝です。 
 
ありがとうございました!! 
 
 
-------- 
 
このブログは伊達市内で「動作介助」を勉強する会からの情報発信にと立ち上げました。 
メインライターは介護福祉士ではなく(^_^;; 理学療法士の私、島川が務めさせていただきます。 
 
今フリーで活動しているため伊達市の「介護予防講座」や「家族介護教室」などを請け負ったりもしていますが、月一回のペースで職業人のための勉強会を開催しています。 
 
介助だけでなく「安全で身体に負担のかからない身体の動かし方」を助言することでけがや病気を防ぎたいと考え、いろいろな機会をみつけてお話しをさせていただいております。 
 
 
 
吉居さんに「これを機会にブログもよろしくね」と言われたので(^_^;; 
これから頑張ってこっちにも情報発信していきます(たぶん…) 
 
 どうぞよろしくお願いいたします (^_^)(_ _)(^_^)v 
[2009.09.22]
伊達市内で動作介助を考える勉強会をやろうよ! 
とあっちこっちに呼びかけをしてまわっていたひろ.Aです。 
 
おかげさまで第一回目の勉強会は大盛況に終わりました。 
 
遅ればせながら、むしゃなびの登録もすみ、こうしてブログも書けることになりましたので、ここでは日々の介助のヒントになるようなお話しを少しして行けたらと思っています。 
 
 
どうぞよろしくお願いいたします。 
メッセージ
伊達市に、身体に負担のかからない自然な動きを活かした動作介助を考える勉強会ができました。 
その様子は、別のブログ(こちら)にて公開中ですが、このブログではその勉強会の中で紹介された日々の介助のヒントになりそうなお話しをぼちぼちと紹介していけたらと思っています。 
よろしくお願いします♪ 
ブログ検索