伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2013.07.16]
 
お店にとって、今後必要だと思われることを日々、簡単な文章にして提出してもらっています。 
 
書けない日も当然あります。 
 
でもできるだけ書いてもらえるように指示しています。 
 
 
若い人はとくに、いろいろな考え方があることに気づいてほしい。 
 
 
「今までがこうだから、周囲がみんな言っているから・・・」 
 
 
あくまでも平均点を目指すことが最終目的ではない。 
 
 
仕事への魅力・楽しみは、自分なりに発見していくしかないと思います。 
 
 
 
気づいたことを文章化にできれば、人への伝え方も上手になっていくもの。 
 
 
人への伝え方が上手になれば、人の言っていることも上手に聞ける。 
 
 
 
頑張れ!20代前半の若もの! 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.07.11]
 
 
次回求人案内の予定です。 
 
来週、17日朝刊の折り込みに入る予定です。 
 
 
前回のパートさんスタッフの募集がとりあえずひと段落したので、次の段階に進むイメージです。 
 
 
女性限定の募集でもあるので、面接のほとんどは嫁に担当してもらっています。 
 
 
当社の業務内容は・・・ 
 
 
お預かりしたものを綺麗に洗濯し、仕上げをし、包装して、無事にお返しする一連の内容です。 
 
 
そこに衣類、洗濯物という千差万別に近い内容を自分たちの経験と実績でその衣類1つ1つにあったコースを判断していきます。 
 
 
 
ひと言で言えば、難しいですし、単純ではありません。 
 
 
 
でもそこに、”人としての、人にしかできない労力”が加わることで、難しく複雑なものが素晴らしいものに変わる瞬間だといつも思っています。 
 
 
 
問題に対する答えが簡単なのか、難しいのか? 
 
 
 
難しいことであればあるほど、やりがいと充実感に近づくような気がします。 
 
 
 
最初からうまくできる人はいません。できることからで十分です。 
 
 
 
ご応募、お待ちしています。 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.07.05]
 
名刺の意味、目的・・・・。 
 
お互いはじめて出会う人同士の大切なアイテム。 
 
相手に対し、安心感や好感度をしっかりアピールできると、概ねその後のネゴシエーションも円滑に進むことが予想できます。 
 
 
今回、当社セールスドライバーも一般的なミニ名刺は持たせているのですが、特別に忘れられない為の巨大名刺を制作。巨大と言ってもハガキサイズです。 
 
 
 
 
本来は、定期的に週2回ほどお約束の時間帯に訪問させてもらう宅配ドライバー。「洗濯物があるないに関係なく、いつでもお気軽にお声をかけて下さい」というのは基本スタイル。 
 
 
ただし・・・・・ 
 
 
100%すべてのお客様のご自宅をフォローできるとは限りません。 
 
 
当然、1年に2〜3回、或いは2〜3年に1回ぐらいのお久しぶり電話が入るパターンもありです。こちらのお客様は前者の定期訪問ではなく、”電話待ち”という不定期スタイル。 
 
 
 
そんな時に「忘れられない巨大名刺が必要!」と今回は強く感じました。 
 
 
大は小を兼ねる! 
 
 
(1)何が何でも、直通電話がすばやくわかりやすく伝わる! 
 
 
(2)捨てられにくい、厚さ、大きさにする。 
 
 
(3)本人の顔写真付き、安心感の倍増計画! 
 
 
 
 
地味なこと、時間のかかること、こまかいこと、人のやりたがらないこと、人の気がつかないこと、そんなところに仕事の魅力が隠されている気がします。 
 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.07.04]
 
当社のお店窓口・・・ 
 
その中でもインショップのお店は、4店舗。 
 
 
クリーニングスマイル店、クリーニングいちご店 
 
とうや湖農協店、スーパーハック店 
 
 
インショップはインショップの強みがあり、弱みがあります。お買い物ついでのコラボで、安定したお客様の取り込みが実現でき、また初期投資も路面店よりはかなり低く抑えられます。 
 
 
逆に、インショップに来られるお客様以外の商圏はほぼ可能性がゼロになるのが弱み。買い物は別なところで済まし、クリーニングだけはそのお店をご利用されるのは物理的に難しいです。 
 
 
 
大前提が、スーパーさんの客数取り込みにお店繁盛の運命は大きく左右されますね。 
 
 
今回、当社のインショップでは、買い物袋を詰める台、いわゆるサッカー台を利用させてもらいアピールスタンドを置かしてもらえるよう進めています。 
 
 
出入り口の自動ドア近辺に、ポスターを貼りお知らせすることもありですが、やはり買い物袋を詰めている時間帯って、目のやり場に困るような気がします。 
 
 
あまり見たくない人でも 
 
 
 
「う〜ん、興味ないけど、仕方ないけど、、、いやいや、まずは見るか・・」 
 
 
 
そんな”ふとん3点9000円”、限りなく宣伝していきますよ!! 
 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.06.09]
 
(昨年、秋に開催した店長からの”汗とりドライ”説明会。) 
 
 
これまで新しく入社された方には、会社概要を説明するオリエンテーションを何度か開催してきました。 
 
 
 
そして7日の夜は、初の第1回ルーキーミーティングの開催。対象者は、入社後1年以内の受付スタッフ6名全員、いわゆるルーキー。そして進行は私と店長の3名、計10名。 
 
 
 
月1回の例会とし、全部で3回を予定。時間は1回1時間。私の持ち時間30分、店長からも30分。記念すべき第1回、私からのテーマは、「ドライクリーニングって何?」 
 
 
 
お客様とドライ洗いについて、接客中に話題になることや意見交換になることはまず”ない”のですが、こればかりは野球に例えると、トスバッティングができないのであれば、フリーバッティングのゲージへ進めないと同じ意味なので 
 
 
 
「クリーニングの原点を、未だによく知りませんでした。」という接客レベルでは、さすがの私も不本意。 
 
 
 
ドライの基礎知識、さらに実演部分ではビーカー2つを用意し、水と溶剤のそれぞれ注いでから、ティッシュ1枚をササッとかき混ぜる。 
 
 
 
「じゃーーーん」、水容器の中のティッシュはヘナヘナのとろける状態、一方、ドライ溶剤のティッシュは至ってシャキッとした状態。 
 
 
洗濯ダメージから、繊維をしっかり守りきる!! 
 
 
 
これぞ! 「百聞は一見にしかず!」 
 
 
 
いやいや私なんかのドライ講義はまさに前座。その後の店長からの再確認の内容で目から鱗が落ちる話。お店スタッフ業務の再確認事項、ここからが本丸でした。 
 
 
 
まずは 
 
 
「衣類のお返し」について 
 
 
衣替え時期独特、10点近く一度にドサッと数の多いご利用にあたり、そのお渡し時の確認事項。 
 
 
受付で細かいファーやベルト、小さな付属など、外して洗うべき”もの”があった場合、受付した時の点数よりもお渡し時に増えてしまうケースがしばしばあります。後で気がつき追加している場合があるのですが、問題なのはお客様の預かり伝票は最初の点数のまま。これではお渡し時にお客様から頂く伝票だけを頼るのは危険です。つまりお渡し漏れが十分考えられます。 
 
 
念のため、お店にある伝票(控え)を基準にお渡しチェックに万全を期す。 
 
 
 
 
 
2点目、「各お店スタッフリレーション」 
 
 
何気ない伝達では思った以上にメモに頼ることが多い。しかしそんなメモ1つからでも、手痛い失点を防ぐ。そのメモの内容について。安易な消化試合の内容だけで済ませるのではなく、次の対策をどうしたよいか、また困らない為の内容をどうあるべきか、このような取り組みをみんなで率先して活用してメモが存在してほしい。 
 
 
 
 
3点目、「笑顔を意識すること」 
 
 
お詫びの場合はさらに申しわけない表情をきちんと意識する。相手の目を見ることを忘れない。顧客の名前と顔をできるだけ覚えて、接客中は名前を呼ぶことにも意識する。感動接客を目指していきたい。以前に覆面調査をしてもらった特集の冊子をもう一度みんなで良く読むように。 
 
 
 
 
 
他にも、うーーーん、気合いの入る店長、誠実に聞いている新人さんたち・・・ 
 
 
 
互いの切磋琢磨に、社長の出番はまるで無し。いや、存在感もなし、さっきのドライの話はどこいった? 
 
 
^^; 
 
 
 
何となく言葉ではついつい「信頼している・・・」という綺麗事を口にしますが、それって「信頼していると思いたい・・・」とその願望の方が強くなってはよくないです。 
 
 
 
本当の実力を様々な出来事、材料を検証した上で、信頼という成果が成立する。 
 
 
 
あくまでも実践、現地現場主義、論理的思考で、「評価」というパラダイムを構築していくこと。 
 
 
 
思った以上の成果を間近で確認できて良かったです。 
 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.05.12]
 
(昨年のオリエンテーション) 
 
 
先日の店長会議、3名の店長と私の4名。毎週1週間にあったおよその出来事を全員でピックアップし合う。 
 
 
直営のお店は全部で5店舗あるのですが、今のところ2人の店長が2つのお店を掛け持ちで管理しています。私もお店スタッフの管理・育成などは、かなり店長たちに頼っていることが大きいです。ただキャンペーン企画や工場技術の見解、サービスへの再検討となると私の役割も大きい。そういったお互いの側面から、お互いの弱点を少しでも減らしていこうという狙い。 
 
 
 
 
 
今後は、昨年から入社してまだ経験が十分でないスタッフ4名について、月1回の定例研修を実施することで決まりました。さらにスタッフ間のシフトローテーションについても、指導員とできるだけ多くの時間を共有してもらうことで進めます。 
 
 
 
 
 
何となく惰性で、貴重な日々を過ごすわけにいかないですね。このように話し合いをしっかり優先できることで、消化試合ではない確実な方向を見出します。 
 
 
 
 
全員の思惑や方向が一致さえすれば、上手下手の会話よりも力の作用がまず大きなものになるでしょう。 
 
 
 
ホームページ新着情報も随時アップしていますので、下記リンクからもどうぞご覧下さい。 
 
 
 
「伊達クリーニング、ホームページ」→クリックありがとうございます。
[2013.05.10]
 
 
「見て頂けましたか?」 
 
 
本日の朝刊にて、弊社チラシ折り込みをご案内させてもらいました。いよいよ衣替えクリーニングのイベントも大詰めに近づいてきているタイミングですね。チラシの善し悪しも当然あるのですが、それ以上に難しいのが・・・ 
 
 
 
 
天候の善し悪し。 
 
 
 
他の職種にも考えられるのですが、特にクリーニングのチラシだけは快晴、気温良しの条件付き。もし台風や大雨、吹雪ときた日には効果はほぼゼロ。これはある意味、大博打ですね〜(笑) 
 
 
今日の10日という日に意思決定するまで、実はギリギリまでヤフーの週間天気とにらめっこしていたのです。キャンペーンのご利用お待ちしております。 
 
 
 
もう一点、今日は求人案内のパートさん(工場作業)について一部修正しています。週3日以上の勤務体制まで採用枠を広げていくことにしました。どうぞお気軽にご相談下さい。7月からは高校卒業予定者さまへの求人を再開していきます。 
 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、お知らせはこちら」→いつも貴重なクリックありがとうございます。
[2013.05.09]
 
次回チラシ企画は、5月下旬を予定しています。校正内容は大きく更新されてますね。今回、私からの最初の提案内容が多すぎたのですが・・ 
 
 
そこはさすがにプロ。しっかりとしたフレーム構成にとても満足しています。バランスが良くなり、加えてインパクトもなかなかです。最後は色調のバランスだけ、もう一つ提案させてもらいました。 
 
 
なので・・・私も少しは頑張りました。 
 
 
 
印刷してしまったチラシだけはもう後戻りができません。社員みんな、長い時間を費やし、懸命にひたすら配り続ける努力に比べたら、このぐらいはまったく平気ですよね。 
 
 
 
さていよいよ明日の朝刊に、”桜の衣替え”の最終インフォメーションと題して折り込みさせてもらいます。 
 
 
 
やるぞ、いくぞ、嬉しい、大好き、信じる、うまくいく、前を向く、顔を上げよう、素晴らしい、頑張ります・・・う〜ん、まだまだありますね。 
 
 
 
このようなプラス言葉をどんどん増やしたいですね。 
 
 
 
 
「伊達クリーニング、お知らせはこちら」→いつも貴重なクリックありがとうございます。
[2013.04.28]
 
春の衣替えクリーニングも一時期から比べるとかなり落ち着いてきた感じがします。もうこの独特な4月の暦を体験するようになって20年になります。改めて消費者のみなさまから必要とされていることをいつも再認識させられる4月です。 
 
 
そうは言っても、実はゴールデンウィーク前後もそれなりに需要が下がらない予測でいます。社員みんなも疲労が蓄積している頃です。連休中も各お店で営業するのがほとんどなので、スタッフローテーションはピークが続くでしょう。 
 
 
工場は、4月29日と5月6日はお急ぎができます。他の祝日は工場と本店窓口はお休みさせて頂きます。 
 
 
でもこればかりは我々のシーズンが開幕したと考え、しばらくはこれらの忙しさを一致結束して万全を尽くすのみですね。知恵と意欲をみんなで出し合えば、いろいろなことを乗り越えられるものです。いかにこの出発点をみんなで確認するかがポイントではないでしょうか? 
 
 
 
 
前置きはすごく長くなりましたが、次なる私の仕事は6月企画に向けての準備を爆走中です。今までにないぐらい頭を使っている気がします。今回の衣替え企画でもそうだったのですが、別々の視点をコラボするのはとても大切ですね。私としては一個人の趣味や価値観をどうしても反映したくなるところですが、それを一度リセットし、お客様目線にできるだけ近づける努力をする。なので次もこのような別々の視点をテーマにしていくつもりです。 
 
 
例えば・・・・ 
 
 
CLEANING と クリーニング どちらがわかりすやすい? 
 
 
即日仕上げ と 特急仕上げ  どちらが伝わるか? 
 
 
「簡単に落ちるシミは無料」 と 「特殊シミ抜きは有料」 
 
 
どちらが便利なイメージなのか? 
 
 
ドライ品8点で2,000円 と ドライ品5点で1,400円 
 
 
どちらが安い? 
 
 
 
 
 
 
別な頭を使っていきますよ〜(笑) 
 
 
 
「伊達クリーニング、お知らせはこちら」→いつも貴重なクリックありがとうございます。
コットン通信
「お洗濯にかかわるあらゆる家事労働をサポートします!」女性のために役立つ情報を発信できたら・・・。と思いながら綴っていきます♪ 
 
  
自・己・紹・介
だてクリーニング&もも
だてクリーニング&もも
はじめまして。 
 
伊達市出身。 
このブログでは、特に女性の心と体のために役立つ情報を、少しでも発信できたらいいなと思っております・・・・。どうぞ末永く優しく見守って下さい・・・。(*^_^*) 
 
「お洗濯にかかわるあらゆる家事労働をサポートします!」 
ブログ検索
株式会社 伊達クリーニンング
北海道伊達市、室蘭市、登別市にありますクリーニングとコインランドリーのお店です。もうすぐ創業50周年を迎えようとしています。これからも、末永くどうぞよろしくお願い致します。 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ クリーニング店へ
にほんブログ村
クリーニング店 ブログランキングへ