伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:2] [133] rss feed
[2017.03.06]
■久々に講師もデッサン
昨日の教室に 
半年以上ぶりでYさんが来られました 
 
 
てんこ 嬉しかったぁ 
いっぱいしゃべったけど 
絵もちゃんと描きましたよ 
 
 
今年に入り  
お休みしてたFさんも来られたり 
 
 
4人の方が 
新しく入会して下さったりと 
本当に嬉しいかぎりです 
 
 
この季節は 寂しいけれど 
お目出度い別れの時でもありますね 
皆さんとの出会いを 
今更ながら大切にしていきたいと思います 
 
 
今夜は何も言わず 
皆さんの作品を☆ 
(途中のもあります) 
 
でわ〜〜 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久々に講師も 
Hちゃんと一緒に石膏デッサン(木炭) 
 
 
 
 
 
如何に描かないか? 
それがモンダイなのです^^ 



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:てんこ  2017.03.11 19:46:59
こんばんは。  
 
私も”美の壷”は  
好きな番組で録画して観てますよー。  
発見があって面白いですよね。  
 
石膏デッサンに限らず、  
線で形を描かなくても、  
明暗だったり、あえて塗らない事で  
そのものの形を感じられるんですね。  
 
描きこまなくても  
その存在が感じられる絵は  
とても素敵だと思います。  
計算された絵なんでしょうね。  
 
つい形を描きたくなってしまうけど、  
そこに注意しながら描いてます。^^  
 
 
名前:足揉み  2017.03.11 08:05:41
「如何に描かないか?」  
ということは,  
もともと白いところに黒で書いているので,  
ということなんでしょうね…。  
描き過ぎると真っ黒になる??  
 
私,NHKの「美の壺」を毎週録画して見ていますが,日本画家でも,たくさん描いているように見えて,実はもともとの白を上手に生かすために,ニュアンスのようなものをちょっと加えているだけ,という画家がいました。  
 
絵の世界は深いと思います。 

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
COCORO絵画教室
COCORO絵画教室
23年前、 
美しい伊達に惹かれ 
永住を決めました。 
 
私が体調を壊したのを機に、 
夫は10年前に 
早期退職し画家になり、 
 
8年前の4月から 
絵画教室を開き、 
生徒さんと一緒に 
楽しい時間を過ごしています。 
 
 
教室を開いた事で、 
出会えなかったであろう 
人たちと出会い、 
 
観るだけだった私も 
絵を描き始めました。 
 
 
このごろ思うのは、 
人間万事塞翁が馬のように、 
 
幸せ・不幸せは 
過ぎ去ってみなければ 
本当には分らないのかも。 
 
そうは言っても 
まだまだ小さい人間で 
 
事ある毎に 
泣いたり笑ったり 
の日々を送っています。 
 
 
苦しい事があろうと、 
人生に無駄な事は無い 
と信じています。 
 
だって、 
その一つ一つが 
私になるんだものね。 
 
晴れの日ばかりじゃないけど、 
前を向いて 
歩いて行けたらと思います。 
 
 
このような私ですが 
これからも 
宜しくお願い致します。 
 
 
★ありがとうございますっ☆ 
 
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 伊達情報へ
にほんブログ村  
 
☆励みになりますっ★ 
 
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村
ブログ検索