伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [130] rss feed
[2019.08.14]
■お客様の質問に答える!わたしが腰痛(他)になった場合・・・。
おはようございます。 
 
今日はお客様に尋ねられる質問にお答えしたいと思います。 
 
 
「伊藤さんは腰痛(他)になった場合,どうするのですか?」  
とか 
 
「伊藤さんはいいですね〜。自分の足を自分で正確に揉めるんだから」  
とか言われます。 
 
そのあたりどうなのか(笑),今日はお答えします。 


まず,腰痛に関係する反射区はここにあります。 
 
 
 
普段,あまり痛くない足揉みです,とうたっている割には,この腰痛に関係する反射区の「腰椎」「坐骨神経」「股関節」は腰痛の場合に限りかなり痛いです。実際触るだけでも痛い。 
 
実はわたしも足揉みの際の不自然な姿勢,そしてその姿勢で力を入れるので,たまに腰痛になってしまいます。 
 
その時は自分で自分の足を果たして揉むのか!?  
 
答えは「いいえ!」です。 
 
 
例えば,皆さんは自分で自分の足をくすぐって,くすぐったいでしょうか。そんなことないですよね。 
 
でも家族にくすぐられたり,くすぐられることを想像するだけでもう足がむずむずしてきます。 
 
これは神経の働きで,自分がくすぐる場合,足の神経は自然と感覚を防御し,手も手加減するのです。 
 
つまりその加減が手も足も予想できるのでくすぐったくないのです!(と力を入れて書くほどのことでもないか)。 
 
ということは,自分で自分の足を揉む場合,そこは激痛であることが分かっているので,手も足も神経や力をどうしても加減してしまうのです。 
 
 
それで妻に揉んでもらいます。  
 
妻は日ごろの何とやらも加わりますので力,いや心を込めて揉んでくれます(笑。 
 
正直,予想しない強さなので,悶絶するくらい痛いです。 
 
(ちなみに同じ場所を自分で揉んでもほとんど痛くありません)。 
 
腰痛の場合,1度か2度の施術で快癒する方が多いです。わたしもそうです。 
 
そのようなわけで他の人に揉んでもらう方が遥かに効果的です。 
 
それで次の施術まで間隔が開く場合もありますので,家族の方等に揉んでもらえるように「反射区図」のコピーを差し上げています。 
 
今日は皆様がよくされる質問に答えてみました。 
 
足揉みに関する質問があれば,お答えしますので,掲載されているメールアドレスからどうぞお寄せください。 
 
休日が続き,しかも暑い中,慣れない庭仕事をされて腰痛を起こす方が多いと思います。 
 
ぜひ足揉みをお試しください。  
 
 
では皆様,良い連休を! 
 

当院の説明はこちらから。

地方情報満載のブログ村ランキングへ参加しています。

クリックよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 伊達情報へ
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:足揉み  2019.08.14 23:23:14
てんこさん。ありがとうございます。その痛み,半端ないです!  
私,実は椎間板ヘルニアを手術等せずに完治させたものなので(MRIで確認済み)すが,たまに疼きます。  
その時に妻にやってもらうとそれはそれは痛い!  
 
ニコラス・エドワーズ,あって驚きました! 
名前:てんこ  2019.08.14 18:07:19
お久し振りです。!  
 
先週孫たちが来て、  
楽しい時間を過ごしましたよ。^^  
 
ブログで足揉みさんの  
口調が浮かんで、ほっこりします。  
で、奥様に揉んで貰い、  
ちょっと痛がってる  
足揉みさんを想像してにやけてます。笑  
やはり、  
自分だと加減してしまうんですね。  
 
あ、そうそう  
早めにゲオに行ってみます。!  
貴重な情報をありがとうです。!  
(伊達でも売ってるなんて驚き^^)  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
ようこそ!
中国足心道足揉み伊達療術院
中国足心道足揉み伊達療術院

わたしのプロフィールです。

↓↓ 

昭和40年,豊浦に生まれる。

幼少時代を大滝,伊達,室蘭で過ごす。

神奈川,札幌で,印刷,デザイン関係の仕事に従事。

平成13年,健康の大切さに目覚め,中国足心道療術院会員となる。

その後,マレーシアにて3年間居住,マッサージの修行。

帰国後,再び当地に開院。

 

唯一無二の趣味は音楽。

2011年,知る人ぞ知る(知らない人はだ〜れも知らない)夭逝のジャズ・ピアニスト,ソニー・クラークの完全コレクションを達成する。

 

上の写真はソニー・クラークの歴史的な名盤「クール・ストラッティン」(1958年)。

ジャズ喫茶華やかかりし頃,このレコードが掛からない日はなかったことでしょう。

「クール・ストラッティン」とは英語で「気取って歩く」,「軽やかに歩く」と言う意味があります。

皆様がこの女性のように町を軽やかに歩けることを願いつつ,わたしは一生懸命皆様の足を今日も揉み続けます。

ブログ検索