伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [223] rss feed
[2018.12.14]
■胃腸をいじめる季節です☆対策は?
おはようございます! 
 
またまたご無沙汰しておりました…。 
 
 
毎年恒例のカレンダー,プレゼント中です。  
今月中に施術させていただいた方に差し上げています。 
 
数量限定ですのでお早めに! 
 
 
きょうは何かと胃腸をいじめるこの季節の足揉みでの対策についてご紹介! 


定期的にご来院いただいている方はご存知ですが,足には「反射区」があります。 
 
「反射区」というのはいわゆるツボの集中している面のことで,それぞれの器官と脳に直結しています。 
 
今時期,ホームパーティや会社の飲み会などで,胃腸をいじめている方が多いのでは? 
 
先週あたりから,この反射区に強い反応を示す方が多くなりました。 
 
 
「胃」,「十二指腸」,「すい臓」の反射区です。 
 
特に「胃」の反射区は通常より張っており,シコリのようなものが中にあるようになっている方が多いようです。 
 
胃はストレスのたまるところでもありますから,仕事の忙しいこの時期,大切にしたい器官ですね! 
 
感覚としては,足の親指の下の筋肉の少し下,土踏まずの上の部分に3つ,独立した部位があります。 
 
この部分を入念に揉み込むことで,冷えなどの影響もあり,血行不良になった消化器の働きを改善させることができます。 
 
では,今日は胃腸の機能改善に役立つ反射区をお知らせしました! 
 
 
 

当院の説明はこちらから。

地方情報満載のブログ村ランキングへ参加しています。

クリックよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 伊達情報へ
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
ようこそ!
中国足心道足揉み伊達療術院
中国足心道足揉み伊達療術院

わたしのプロフィールです。

↓↓ 

昭和40年,豊浦に生まれる。

幼少時代を大滝,伊達,室蘭で過ごす。

神奈川,札幌で,印刷,デザイン関係の仕事に従事。

平成13年,健康の大切さに目覚め,中国足心道療術院会員となる。

その後,マレーシアにて3年間居住,マッサージの修行。

帰国後,再び当地に開院。

 

唯一無二の趣味は音楽。

2011年,知る人ぞ知る(知らない人はだ〜れも知らない)夭逝のジャズ・ピアニスト,ソニー・クラークの完全コレクションを達成する。

 

上の写真はソニー・クラークの歴史的な名盤「クール・ストラッティン」(1958年)。

ジャズ喫茶華やかかりし頃,このレコードが掛からない日はなかったことでしょう。

「クール・ストラッティン」とは英語で「気取って歩く」,「軽やかに歩く」と言う意味があります。

皆様がこの女性のように町を軽やかに歩けることを願いつつ,わたしは一生懸命皆様の足を今日も揉み続けます。

ブログ検索