伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2020.04.18]
最近は「映える」と書くと「ばえる」と読むようで。 
 
インスタグラムの影響ですね。 
 
漢字のテストだったら「×」ですが10年後には「○」に昇格するかも。 
 
ところで,クラシック音楽界で最も「映える」アーティストは誰でしょうか? 
 
不世出の指揮者,ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908−1989)を外す訳にはいかないでしょう。 
 
例えばこれをご覧ください。 
[2020.03.14]
おはようございます! 
 
今回のコロナ・ウイルス関連で様々なイヴェント中止,自粛が相次いでいますね。 
 
今年はウクレレ・カンタービレも中止だとのこと…。残念…。 
[2020.02.14]
室蘭と関係のある世界的指揮者  
 
去年の11月30日,ラトビア(旧ソ連邦)の世界的指揮者,マリス・ヤンソンス氏(1943-2019)が亡くなられました。心臓の持病があるということで来日が中止になったりしていましたが,元気に復帰されたと報道されていました。CDを通したファンであっただけに残念・・・。 
ヤンソンス氏は,温厚な性格,かつ濃厚な指揮で知られ,ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮も二度されました。またオーケストラ・ビルダーとしても知られ,低迷期だったオスロ・フィルハーモニー管弦楽団や,ピッツバーグ交響楽団などを見事復活させたことでも知られています。 
大体,演奏者一人一人が「猛獣」と言われるウィーン・フィルと共演を重ねることができたこと自体,彼が人格者であることの現れです。小澤さんはそれで癌になってしまったのか・・・。 
 

[2019.09.24]
おはようございます。 
 
どんどん日が短くなってきました。 
 
 
 
ところで皆様は「趣味」をお持ちでしょうか。 
 
わたしの友人のお父さんで,定年退職後,2週間で体に変調を来たし,認知症的な症状に見舞われた方がいます。その方,仕事以外に生きがいがなかったのです…。 
 
そんな訳で(言い訳?)わたしは今の足揉みは一生続けたいですし,趣味もあります。 
 
(続きは,音楽,オーディオが趣味でない方には退屈この上ない内容である自信がありますので,テキトーにスルーしてください)。 
[2019.07.28]
おはようございます。 
 
先週月曜日,札幌交響楽団の演奏会がカルチャーセンターでありました。 
指揮者はわたしの敬愛する広上淳一さん。 
 
曲はメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」(抜粋)とベートーヴェンの7番でした。 
[2019.01.03]
おはようございます! 
 
今年もよろしくお願いします。 
 
明日から仕事と言う方も多いのでは? 
 
ゆっくり休んでくださいね。 
 
今日(3日)は夕方以降の時間が空いていますので,もしよければお電話を。 
 
さてさて,大晦日の日もお二人の方の施術があり,室蘭に出張してきました。 
 
仕事の終了が午後5時前。 
 
「ハード・オフに寄ってみよう」ということになり到着すると,さすがに閉店,午後6時とのこと。モルエのショッピングセンターのところにあります。 
 
「蛍の光」が鳴る中,レジに行くと,初売りのCDのワゴンセールの準備中で,今日購入しても良い状態になっており。 
 
見ると全部108円です。 
[2018.06.25]
おはようございます。 
 
かなり気温が上がってきましたが,今一つ不安定な天気が続きますね。 
 
先週木曜日の午後3時頃の豪雨,南国のスコールのようでした・・・。 
 
さてさて,今日は子供の頃,聞き潰してしまったレコードをご紹介。 
[2017.09.14]
おはようございます。 
 
きょうは久々にからっと晴れていますね! 
 
出かける前に洗車をしよう。 
 
 
ところで一昨日(9月12日),12歳のぴーちゃんと,とうとうお別れの時が来てしまいました。 
 
そのご報告を。 
[2017.04.12]
おはようございます。 
 
きょうはあいにくの雨ですね〜。 
 
洗車したばかりなのに・・・。 
 
ところで,むしゃなびさんで紹介されているコンサート早速チケットを買ってきました! 
 
 
チェロアンサンブル・ユイットです! 
[2017.02.25]
こんにちは! 
 
まずはちょっと業務連絡を…。 
 
来週,一週間ほど,マレーシアに行ってきます。  
詳しくはお知らせに書きました。よろしくお願いします。  
さてさて,本題,「ふなおか薬局さん付近で珍鳥発見!」です。 
ようこそ!
中国足心道足揉み伊達療術院
中国足心道足揉み伊達療術院

わたしのプロフィールです。

↓↓ 

昭和40年,豊浦に生まれる。

幼少時代を大滝,伊達,室蘭で過ごす。

神奈川,札幌で,印刷,デザイン関係の仕事に従事。

平成13年,健康の大切さに目覚め,中国足心道療術院会員となる。

その後,マレーシアにて3年間居住,マッサージの修行。

帰国後,再び当地に開院。

 

唯一無二の趣味は音楽。

2011年,知る人ぞ知る(知らない人はだ〜れも知らない)夭逝のジャズ・ピアニスト,ソニー・クラークの完全コレクションを達成する。

 

上の写真はソニー・クラークの歴史的な名盤「クール・ストラッティン」(1958年)。

ジャズ喫茶華やかかりし頃,このレコードが掛からない日はなかったことでしょう。

「クール・ストラッティン」とは英語で「気取って歩く」,「軽やかに歩く」と言う意味があります。

皆様がこの女性のように町を軽やかに歩けることを願いつつ,わたしは一生懸命皆様の足を今日も揉み続けます。

ブログ検索