伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:1] [76] rss feed
[2018.09.09]
■映画
韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』あらすじとキャスト。光州事件の実話とは? 
第90回米アカデミー賞外国語映画賞にて韓国代表となった、『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。 
 
まとめ 
 
名優ソン・ガンホの演じたタクシー運転手マンソプのキャラクターポスターには、「乗客が行けと言えば、タクシーはどこにだって行く」というキャッチがあります。 
 
マンソプ役を演じたソン・ガンホ役柄について、このように語っています。 
 
 
「平凡なタクシー運転手であるマンソプは私達と同じ一人の人間であり、一市民だ。重要な決断や選択をしたという姿よりも、”お客さんを連れて帰らないと”という彼のセリフに見られるように、タクシー運転手という一人の人間として、彼が守ろうとした道理を表現するために努力した」 
 
ガンホの演じたマンソプは、名優と言われる彼がこれまでの実績を経て、演じられたことが分かるほど、人間として魅力的な人物像になっています。 
 
正義ということでなく、彼が守ろうとしたことに、ぜひ注目してくださいね。 
 
また、ドイツの国旗が付いたカメラを片手に、真剣な表情で潜入取材するドイツ人記者ピーターのキャラクターポスターには、「約束する。必ず真実を伝える」というキャッチがあります。 
 
この役柄について、トーマス・クレッチマンはこのように語っています。 
 
 
「(ピーター役のモデルになった)ユルゲン・ヒンツペーターは人権のために闘った正義感の強い人物だ。彼を演じる上で多くを悩み、劇中で多くの人々と出会い、自分のカメラで彼らを撮りながらピーターという人物に近づこうと努力した。『タクシー運転手』は人々の関係を通じて深い感動を与える映画であり、私たちの真実の物語だ。」 
 
ピーターという実在の人物を演じたユンゲルは、韓国俳優たちと一緒に演じるなかで、自分の役柄を見つけていったことがわかる言葉ですね。 
 
映画の中で光州で出会った人たちとの食事のシーンは、ガンホとともに印象的なユルゲンの表情が見られますよ。 
 
韓国映画『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。 
 
南北問題や日本との歴史問題だけでなく、韓国国内においても光州事件というのは、韓国人にとっては未だに心の奥底にある闇の部分でもあります。 
 
そこに光を当てた実話の映画化です。一体、韓国の“光州であの日”に何が起きたのか? 
 
ぜひ、お見逃しなく! 
 
10/14 コスモスホール 
10/16 室蘭市民会館 
フジコ・ヘミングの時間です。 



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
*コメント:
タロット占い 杏・・日記
杏
北海道在住。 
20代より医療関係の仕事に 
従事した後、気功を中国の先生に師事。 
その後遠隔ヒーラー・タロット占い師として 
活動を展開中。 
 
タロット占い師 杏です。ブログは自分流で楽しみながらの日記です。 
ブログ検索
杏のプロフィール
室蘭市 在住。 
遠隔気功・UEヒーラー・ 
タロット占い師杏 
 
 
恋愛や人間関係のお悩みを 
中心にタロット占いを 
お受けしています。 
 
 
遠隔ヒーリングに興味のある方・・ 
是非体験してみて下さい。