伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:69] [昨日:93] [ 54829 ] rss feed
[2019.04.05]
4月5日 
今日から室蘭工大の新学期。 
新入生をむかえて初めての朝食です。 
 
今日のメニュー 
ホッケ焼き魚、ほうれん草のおしたし、 
ブロッコリー.ウインナー炒め 
 
この時代いつか写メをとられることが 
有るのだろうーとおもっていたら 
とーとー我が家にもその時がやってきた 
 
父兄の監視のもとでチョット 
きゅうくつですが仕方ない!! 
 
 
 
写真をアップ・・アラララ8:28完食 
 
今年は7:10には食べにきます。 
朝食ブームなのかな。。。 



[2019.04.01]
新元号は令和(れいわ) 
 
新元号は「令和」と発表 
 
日本の古典「万葉集」から初引用 
 
 
 
令和は万葉集の梅の花の歌、 
32首の序文にある「初春の令月にして、 
気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、 
蘭は珮後の香を薫す」から引用。 
出典:AERA dot. 4/1(月) 
 
 
? 
[2019.03.08]
たくさんの涙を超えて、生きていく意味を問いかけ 
「私達はこの世を見るために、生まれてきた。 
この世は、ただそれだけを望んで。 
・・・だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ。 
 
あらすじ 
 
季節は春。桜の咲き乱れる公園に面したどら焼き屋、『どら春』で、辛い過去を背負う千太郎は雇われ店長を続け、日々どら焼きを焼いていた。ある日この店を徳江という手の不自由な老婆が訪れ、バイトに雇ってくれと千太郎に懇願する。彼女をいい加減にあしらい帰らせた千太郎だったが、手渡された手作りのあんを舐めた彼はその味の佳さに驚く。徳江は50年あんを愛情をこめて煮込み続けた女だったのだ。店の常連である中学生ワカナの薦めもあり、千太郎は徳江を雇うことにした。徳江のあんを使ったどら焼きのうまさは評判になり、やがて大勢の客が店に詰めかけるようになる。だが、店のオーナーは徳江がかつてハンセン病であったとの噂を聞きつけ、千太郎に解雇しろと詰め寄る。そしてその噂が広まったためか客足はピタリと途絶え、それを察した徳江は店を辞めた。素材を愛した尊敬すべき料理人である徳江を追い込んだ自分に憤り、酒に溺れる千太郎。ワカナは彼を誘い、ハンセン病感染者を隔離する施設に向かう。そこにいた徳江は、淡々と自分も自由に生きたかった、との思いを語るのだった。  あん (小説)ウィキペディア抜粋 
 

[2019.03.02]
 
 
最近はドライアイで目が痛くて・・ 
 
画像を張るだけ。 
 
何時治るのかしら。 
[2019.02.14]
 

[2019.02.03]
瞑想後、私の今日の一枚 
 
 

[2019.01.14]
 

[2019.01.01]
 
 ㊗ 明けましておめでとうございます。 
[2018.12.24]
 
姪からクリスマスの画像が送られてきて 
 
いま、クリスマスに気が付いた。 
 
ケーキ食べそこなった。 
 
20円引きのエクレア食べたので「まあ−いいか」 
[2018.12.23]
新しいタロットカードをかいました。 
 
ペイジのカードが男性でなくて 
 
Princessnになっていました。 
 

タロット占い 杏・・日記
杏
北海道在住。 
20代より医療関係の仕事に 
従事した後、気功を中国の先生に師事。 
その後遠隔ヒーラー・タロット占い師として 
活動を展開中。 
 
タロット占い師 杏です。ブログは自分流で楽しみながらの日記です。 
ブログ検索
杏のプロフィール
室蘭市 在住。 
遠隔気功・UEヒーラー・ 
タロット占い師杏 
恋愛や人間関係のお悩みを 
中心にタロット占いを 
お受けしています。 
 
 
 
遠隔ヒーリングに興味のある方・・ 
是非体験してみて下さい。